タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ビースウェイがブリーデンから遂にきた!さぁ魚種限定解除だ!

     ルアー  

モネとシュガーが姉妹だったことに驚きを隠せないものです。こんばんは。

今回はソルトルアーフィッシングを嗜むアングラーから絶大な人気を誇るBREADEN(ブリーデン)から、2015年新発売のNEWバイブレーション「13SWAY(ビースウェイ)」を紹介します!

スポンサーリンク

ビースウェイ

ビースウェイがブリーデンから遂にきた!さぁ魚種限定解除だ!
何用でもない。でも専用ルアー並に釣れる魚種限定解除ルアー「メタルマル」を彷彿とさせるようなフォルムをしたNEWルアー「ビースウェイ」。サイズはメタルマル(13/19)と同じ全長50mmというコンパクトサイズ。

実釣テストではメタルマルに約3倍もの差をつける釣果を叩き出したとかんあとか!?ビースウェイ……恐ろしい子!

3つのラインアイ

ビースウェイには一般的なメタルバイブレーションと同じように複数のラインアイが設けられています。そのためビースウェイはスナップを通すラインアイを変えることによって、簡単に異なるアクションを演出することが可能です。

前方アイ

一般なメタルバイブでは最もタイトなアクションで浮き上がりにくく、ファストリトリーブに向いたアイとなる前方アイ。

ビースウェイの場合もファストリトリーブに向いたアイであり、ルアーネームの由来となる?不規則なSWAY――(前後・左右)に揺れる、ふらつく――アクションを発生させることができ、バイトチャンスを生み出すアイとなります。

まー恐らくビースウェイを買われた方がまず最初に使ってみるアイがこの前方アイではないかと思います。私も購入したらまず前方アイで使ってみると思いますし(笑)どんなアクションなのか気になりますからね!

でもせっかく3つのラインアイがありますから、前方アイばかりに拘ることなく、その日の状況やターゲットに合わせて臨機応変に使い分けることで、良い釣果に結びつくと思います。

中間アイ

強すぎず弱すぎないアクションの中間アイ。ただ巻きでも使ってもリフト&フォールで使っても良しな、最もクセのない使いやすいアイと言えるかもしれません。

後方アイ

スイミング姿勢が最も前傾となり、アクションが最もワイドになる後方アイ。恐らく最も浮き上がりやすいアイとなるため、スローリトリーブに最適なアイです。またスイミング姿勢が前傾となるため根掛かりに強いアイかもしれません。

ビースウェイのカラーラインナップ

ビースウェイのファーストカラーラインナップは6色。

レッドゴールド
チャートゴールド
ブルーイワシ
コットンキャンディ
サクラグロー
ミクスチャーパール

どれもステキなカラーですが、個人的にはチャートゴールド、ブルーイワシ、ミクスチャーパールあたりが欲しいですね。

ビースウェイのスペック

製品名
ビースウェイ
全長
50mm
自重
10g
価格
800円

ビースウェイは品薄確実のルアーですから見かけたらチャンスを逃すことなく購入されることをオススメします!

ブリーデン/BREADEN シーバス アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます