タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

17スコーピオンDCがモデルチェンジで音・飛距離UP!シマノ2017最新リール

     ベイトリール  

17スコーピオンDCがモデルチェンジで音・飛距離UP!シマノ2017最新リール_010

みんなの憧れ……なんて言うと言い過ぎでしょうけど、ベイトリールを使うなら1度は使ってみたいと思うのが、「DC(デジタルコントロールブレーキ)」システム搭載のベイトリールではないでしょうか?

今回はそんなDC搭載ベイトリールの中でも、買いやすい価格設定で発売となるSHIMANO(シマノ)2017年新作ベイトリール「NEW Scorpion DC(NEWスコーピオンDC)」を、11スコーピオンDCと比較しながら紹介します。

スポンサーリンク

シマノ「17スコーピオンDC」

17スコーピオンDCがデビュー!モデルチェンジで飛距離もUP!?シマノ2017新リール_001
2011年の初登場から6年、遂にフルモデルチェンジを果たして新登場となる期待のDC搭載ベイトリール「17スコーピオンDC」

堅牢なスコーピオンシリーズらしいアルミニウムフレームムのタフなHAGANNEボディと超高強度真鍮製ドライブギアに、負荷が掛かったときでも軽くパワフルに巻き上げることができるX-SHIPS3Dスプール、そして最大の特徴となる新しいデジタルコントロールブレーキシステムを新採用!

shimano_17scorpiondc_011

17スコーピオンDCは、スコーピオンシリーズのイメージカラーとも言える”ワインレッドカラー”を一新し、「16スコーピオン70/71」と同じようにNEWカラーとなるブラックカラー(ラメ入り)を身に纏った新しいスコーピオンになっています。

また、ハンドル・ハンドルノブも新形状のものが採用され、11スコーピオンDCに感じたような(失礼ながら)安っぽさが払拭されたリール、と言えるかもしれません。

ラインナップは11スコーピオンDCと同じく、ノーマルギアモデル「ギア比6.3、巻取長67cm」ハイギアモデル「ギア比7.2、巻取長77cm」が用意されています。

17スコーピオンDCはI-DC5搭載で音・飛距離UP!?

17スコーピオンDC最大の特徴となるのが新しいデジタルコントロールブレーキシステムの搭載です。

11スコーピオンDCには、他のDC搭載リールとは異なるデジタルコントロールブレーキシステム「I-DC+(プラス)」が採用されていましたが、17スコーピオンDCには上位機種となる15メタニウムDCにも採用されている「I-DC5」を新採用!

評判の良いI-DC5は、11スコーピオンDCのI-DC+のように3つの外部ダイヤルだけでブレーキ力を設定するのではなく、3つのモード・内部ダイヤル「F(フロロ)/N(ナイロン)/PE」に加えて、5つの外部ダイヤル「1~4とA(オート)」でブレーキ力を調整するタイプになっています。

そんなI-DC5の搭載によって17スコーピオンDCは、11スコーピオンDCよりも細かいブレーキ力の設定が可能になり、更にいちいちサイドプレートを外さずともある程度ブレーキ力を調整することが可能になっているわけです。

なので、17スコーピオンDCは使用するライン(フロロカーボンライン / ナイロンライン/ PEライン)に応じて内部ダイヤルを設定し、使用する状況(風の有無・風の強さなど)、使用するルアー(空気抵抗の大きさや飛行姿勢の安定性など)に応じて、外部ダイヤルをセレクトしてやれば、バックラッシュすることなく、キャストを行うことができます。

そして、17スコーピオンDCは11スコーピオンDCよりも安定して飛距離を稼ぐことができ、DC搭載リール特有の音(サウンド)が楽しめるリールに進化したようです。

17スコーピオンDCを11スコーピオンDCとスペックを比較

shimano_17scorpiondc_011
進化した17スコーピオンDCと旧モデルとなる11スコーピオンDCのスペック・搭載技術を比較してみましょう。

製品名 17スコーピオンDC 11スコーピオンDC
ギア比 6.3 / 7.2 6.3 / 7.0
自重(g) 200 215
最大ドラグ力(kg) 5.5  4.5
スプール径(mm) 34 34
最大巻取長(cm) 67 / 77 67 / 75
糸巻量(lb-m) 14-100, 16-85 14-110, 16-100
ハンドル長(mm) 42 42
 ベアリング数 7/1 6/1
価格(円) 37,500 37,100

ギア比は17スコーピオンDC、11スコーピオンDC共にノーマルギアとハイギアの2種類をラインナップ。しかしながら、ハイギアモデルは11スコーピオンDCが「ギア比:7.0、最大巻取長」だったのに対して、17スコーピオンDCは「ギア比:7.2、最大巻取長:77cm」と若干ハイスピードになっています。

スプールは共に大きすぎず小さすぎない「34mm径スプール」を採用。しかし、スプールもギア比同様に微妙に変わっており、11スコーピオンDCのスプールが16lbラインが100m巻けるのに対して、17スコーピオンDCは16lbラインが85mとやや浅溝に。

自重は11スコーピオンが205g、17スコーピオンが200gと5g軽量化されています。

最大ドラグ力は11スコーピオンDCの4.5kgから1kgアップとなる5.5kgに設定され、ボディの堅牢さ・超高強度真鍮製ドライブギアと共に、ビッグバスだけでなく、ロックフィッシュゲームでも活躍してくれる、頼りになるリールになっているかもしれません。

ハンドル長はノーマルギア・ハイギアモデル共に84mm(シマノ表記で42mm)と11スコーピオンDCと変わりませんが、ハンドル・ハンドルノブはリールのデザインやカラーと同じように一新されています。

ベアリング数は11スコーピオンDCから1個増となる7/1

製品名 17スコーピオンDC 11スコーピオンDC
マイクロモジュールギア × ×
X-SHIP ×
HAGANEボディ
デジタルコントロールブレーキ i-DC5 i-DC+
S3Dスプール ×
スーパーフリースプール
海水対応

搭載技術面では、最大の違いは言うまでもなくデジタルコントロールブレーキシステムです。上の方での書きましたが、17スコーピオンDCは評判の良い15メタニウムDCと同じ「I-DC5」を新搭載。

加えて、17スコーピオンDCはあらら谷キャスト時の振動・ブレを抑えるスプール「S3Dスプール」を採用することによって、11スコーピオンよりも安定したキャスト性能、快適なキャストフィールを得られるベイトリールになっています。

更に近年のシマノのベイトリールでは当たり前となった「X-SHIP」も新採用され、軽く力強く巻き上げる、リーリングすることができるようになっているようです。

17スコーピオンDCと15メタニウムDCのスペックを比較

shimano_17scorpiondc_010
次に同じデジタルコントロールブレーキシステム「I-DC5」を搭載した、上位機種となる15メタニウムDCとスペック・搭載技術を比較してみましょう。

製品名 17スコーピオンDC 15メタニウムDC
ギア比 6.3 / 7.2 6.2 / 7.4 / 8.5
自重(g) 200 190 / 190 / 195
最大ドラグ力(kg) 5.5 5.0
スプール径(mm) 34 34
最大巻取長(cm) 67 / 77 66 / 79 / 91
糸巻量(lb-m) 14-100, 16-85 14-100, 16-85
ハンドル長(mm) 42 42 / 42 / 48
 ベアリング数 7/1 9/1
価格(円) 37,500 57,800

ギア比は17スコーピオンDCが2種類に対して、15メタニウムDCはノーマルギア、ハイギアに加えてエクストラハイギアの3種類。このエクストラハイギアモデルは、15メタニウムDCと17エクスセンスDCにしか採用されていません。

スプールは17スコーピオンDC・15メタニウムDC共に「超々ジュラルミン製の34mm径スプール」。糸巻量も11スコーピオンDCのときとは違い、15メタニウムDCと17スコーピオンDCは同じ(14lb-100m、16lb-85m)です。

ハンドル長は同じ84mm(シマノ表記で42mm)。ただし、15メタニウムDCのエクストラハイギアモデル(XG)のみ、96mm(48mm)のロングハンドル採用。

ベアリング数は17スコーピオンDCが7/1、15メタニウムDCが9/1と2つ多くなっています。17スコーピオンDCはまだパーツ価格表(展開図)が公開されていないので、確定ではありませんが、ボールベアリングの差はハンドルノブだろうと思われます。

15メタニウムDCは各ハンドルノブにボールベアリングが2つずつ。17スコーピオンDCはハンドルノブにボールベアリングが1つずつ。なので、購入後に各ハンドルノブにボールベアリングを1つずつ追加してやると、より快適に扱うことができると思います。

自重は17スコーピオンDCが200gであるのに対して、ボールベアリングが2つ多く搭載されている15メタニウムDCが190g。これはDC搭載リールとしては最軽量となります。

製品名 17スコーピオンDC 15メタニウムDC
マイクロモジュールギア ×
X-SHIP
HAGANEボディ
デジタルコントロールブレーキ i-DC5 i-DC5
S3Dスプール
スーパーフリースプール
海水対応

搭載技術の違いに関しては、上の表を見ると「マイクロモジュールギア」の違いだけに見えますが、17スコーピオンDCと15メタニウムDCには大きな違いが2つあります。

もちろん、1つはマイクロモジュールギアなのですが、ギアの素材自体も異なります。17スコーピオンDCは「超高強度真鍮製のドライブギア」、対して15メタニウムDCは「超々ジュラルミン製のドライブギア」になっているのです。

17スコーピオンDCは(他のDC搭載リールに比べて)廉価モデルだから……ではありません。実は15メタニウムDCの方が例外。アンタレスDCもカルカッタコンクエストDCもNEWエクスセンスDCも「超高強度真鍮製のドライブギア」の中、15メタニウムDCだけが唯一「超々ジュラルミン製のドライブギア」なのです。

また、ボディも同じ金属ボディの総称であるb>「HAGANEボディ」表記ですが、素材が異なります。村田基さんと共に世界中のビッグフィッシュと勝負してきた「スコーピオン」シリーズに名を連ねる17スコーピオンDCは「AL(アルミニウム)製フレーム」。対して15メタニウムDCは軽量な「Mg(マグネシウム)製フレーム」です。

超々ジュラルミン製のマイクロモジュールギアを選ぶのか、超高強度真鍮製のドライブギアを選ぶのか。アルミニウムボディか、マグネシウムボディか。

好みに応じて選びたいところですが、2つのリールには”価格”という大きな差が……。

17スコーピオンDCの発売日・スペック

品番 ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 巻取長(cm) 糸巻量(cm) ハンドル長(mm) ベアリング 価格(円)
100/101 6.3 215 5.5 67 14-100,16-85 42 7/1 37,500
100HG/101HG 7.2 215 5.5 77 14-100,16-85 42 7/1 37,500

17スコーピオンDCの価格は37,500円。モデルチェンジを果たしてもお値段うれしいほぼ据え置き!

17スコーピオンDCの発売日は右ハンドルモデル(100/100HG)が2017年2月左ハンドルモデル(101/101HG)が2017年4月を予定と、相変わらず左ハンドルは遅れるようです。

DC搭載リールを使ってみたいけど、価格で躊躇していた方やベイトリールのバックラッシュに苦手意識がある方など、17スコーピオンDCを試してみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO シマノ新製品 2017年 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます