タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

17スコーピオンDCがデビュー!モデルチェンジで飛距離もUP!?シマノ2017新リール

     ベイトリール  

17スコーピオンDCがデビュー!モデルチェンジで飛距離もUP!?シマノ2017新リール_001

みんなの憧れ……なんて言うと言い過ぎでしょうけど、ベイトリールを使うなら1度は使ってみたいと思うのが、「DC(デジタルコントロールブレーキ)」システム搭載のベイトリールではないでしょうか?

今回はそんなDC搭載ベイトリールの中でも、買いやすい価格設定で発売となるSHIMANO(シマノ)2017年新作ベイトリール「NEW Scorpion DC(NEWスコーピオンDC)」を、11スコーピオンDCと比較しながら紹介します。

スポンサーリンク

シマノ「17スコーピオンDC」

2011年の初登場から6年、遂にフルモデルチェンジを果たして新登場となる期待のDC搭載ベイトリール「17スコーピオンDC」

堅牢なスコーピオンシリーズらしいアルミニウムフレーム>のHAGANNEボディに、近年のシマノのベイトリールでは当たり前となったX-SHIPS3Dスプール、そして最大の特徴となる新しいデジタルコントロールブレーキシステムを新採用!

製品名 17スコーピオンDC 11スコーピオンDC
DC I-DC5 I-DC+
X-SHIP ×
S3Dスプール ×
スプール径 34mm 34mm
自重 215g 205g
ベアリング数 7/1 6/1
価格 37,500円 37,100円

また、スコーピオンシリーズのイメージカラーとも言える”ワインレッドカラー”を一新した「16スコーピオン70/71」と同じように、ブラックカラーを身に纏った新しいスコーピオンになっています。

ラインナップは11スコーピオンDCと同じく、ノーマルギアモデル「ギア比6.3、巻取長67cm」ハイギアモデル「ギア比7.2、巻取長77cm」が用意されています。

17スコーピオンDCはI-DC5搭載で飛距離UP!?

17スコーピオンDC最大の特徴となるのが新しいデジタルコントロールブレーキシステムの搭載です。

11スコーピオンDCには、他のDC搭載リールとは異なるデジタルコントロールブレーキシステム「I-DC+(プラス)」が採用されていましたが、17スコーピオンDCには上位機種となる15メタニウムDCにも採用されている「I-DC5」を新採用!

I-DC5は、11スコーピオンDCのI-DC+のように3つの外部ダイヤルだけでブレーキ力を設定するのではなく、3つの内部ダイヤル「F(フロロ)/N(ナイロン)/PE」に加えて、5つの外部ダイヤル「1~4とA(オート)」でブレーキ力を調整するタイプになっています。

そのため、17スコーピオンDCはより細かいブレーキ力の設定が可能になり、更にいちいちサイドプレートを外さずともある程度のブレーキ力を調整することもできるようになったわけです!

そんな新しい「I-DC5」の搭載によって、17スコーピオンDCは11スコーピオンDCよりも安定して飛距離を稼ぐことができ、DC搭載リール特有のサウンドが楽しめるリールになっているのかもしれません。

ただ、I-DC5といっても15メタニウムDCのものと同等かはわかりません。

17スコーピオンDCの発売日・スペック

品番 ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 巻取長(cm) 糸巻量(cm) ハンドル長(mm) ベアリング 価格(円)
100/101 6.3 215 5.5 67 14-100,16-85 42 7/1 37,500
100HG/101HG 7.2 215 5.5 77 14-100,16-85 42 7/1 37,500

17スコーピオンDCの価格は37,500円。モデルチェンジを果たしてもお値段うれしいほぼ据え置き!

17スコーピオンDCの発売日は右ハンドルモデル(100/100HG)が2017年2月左ハンドルモデル(101/101HG)が2017年4月を予定と、相変わらず左ハンドルは遅れるようです。

DC搭載リールを使ってみたいけど、価格で躊躇していた方やベイトリールのバックラッシュに苦手意識がある方など、17スコーピオンDCを試してみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO シマノ新製品 2017年 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます