タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

JBエリート5 2014 結果!優勝はあの選手!強い!

     トーナメント  

  • JBエリート5 2014 結果!優勝はあの選手!強すぎる!

例年であれば11月に開催されることが多いJBエリート5。2014年は約1ヶ月ほど早い2014年10月14日、15日の2日間にわたって開催。舞台は2013年JB TOP50 シリーズの舞台ともなった九州を代表するメジャーリバー”遠賀川”です。

それでは今年の「JBクライマックスエリート5 2014」の出場者、そして結果を見ていきましょう!

スポンサーリンク

JBクライマックスエリート5 2014

エリート5とは?

エリート5とは、その年のJB TOP50シリーズ年間上位選手5名(年間ランキングトップ5)にだけ出場が許される大会です。リミットは5匹、2日間の総重量で争われます。

JB TOP50シリーズの試合であれば60名近い選手がひしめき合うことになる湖や川。しかしエリート5では、選ばれし5名の選手だけが試合会場となる湖や川に足を踏み入れる、ボートを浮かべることができる、まさに”エリート”の名にふさわしい大会です。

開催地や開催日の事前告知が無く(例外あり)、参加選手や関係者だけでひっそりと行われる大会でもあります。しかし、あの大きなトレーラーや釣りビジョンの撮影もあり、開催地の地元アングラーには試合当日にはバレてしまいますね。

参加選手

今年のエリート5出場5選手です。

出場選手1人目は今年のJB TOP50チャンピオン小林知寛プロ。エリート5初出場となります。
2人目は年間ランキング2位の福島健プロ。エリート5は3回目の出場となります。3度目の正直なるか!?
3人目は澳原潤プロ。昨年に引き続きエリート5出場。通算2回目。
4人目は唯一のイマカツ勢となる前山智孝プロ。小林プロ同様にエリート5初出場です。
5人目は青木大介プロ。こちらも2年連続出場です。通算5回目。

過去の遠賀川戦の成績

5名の選手が過去に戦った遠賀川戦の成績を見ていきます。

  • JBエリート5 2014 結果!優勝はあの選手!強すぎる!_002

2005年がJBジャパンスーパーバスクラシック、2010年がJBジャパンオープンクラシック、そして2006年、2008年、2013年がJB TOP50シリーズの試合となります。時期は2013年の試合以外は全て10月開催です。

公式戦としては小林知寛プロと福島健プロが最多となる5回、青木大介プロと前山智孝プロが4回、澳原潤プロが1回の試合経験を持っています。

過去の成績だけで見ると前山智孝プロが頭1つ抜けた実績を残しているように見えます。逆に青木大介プロや福島健プロは近年に行われた過去2試合良い成績ではありません。

JBクライマックスエリート5 2014を制したのは――

初日3,544g、2日目3,090gと唯一2日間共に3kgオーバーをキャッチした青木大介プロ!これでエリート5、3度目の優勝となります!おめでとうございます!

5回出場して3回優勝……強すぎですね。

  • JBエリート5 2014 結果!優勝はあの選手!強い!_003

2位は2日間合計で6kgオーバーをキャッチした澳原潤プロ。
3位は初出場の前山智孝プロ。初日2位スタートながら2日目に失速。
4位は福島健プロ。3度目の正直ならず。
5位は小林知寛プロ。ほろ苦いエリート5初出場となってしまいました。

年間ランキングをひっくり返したみたいな順位とですね。

釣りビジョン

例年通りであれば釣りビジョンの撮影クルーが各選手のボートに乗っていると思います。なので、詳細は年末年始辺りに放送されるであろう各選手1人1人に密着した番組、または来月発売の雑誌を楽しみに待ちたいですね!

エリート5 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます