タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

34「DFR-511」は魚とのやり取りを楽しめるロッド!ギガアジ・尺メバルも

34「DFR-511」は魚とのやり取りを楽しめるロッド!ギガアジ・尺メバルも

今回はライトゲームアングラーから人気のメーカー「34(サーティーフォー)」から、2016年発売となるNEWアジングロッド「アドバンスメント DFR-511」を紹介します。

スポンサーリンク

サーティーフォー「アドバンスメント DFR-511」

34の既存のアジングロッド「HSR」、「PSR」、「FPR」、「LHR」シリーズのどれにも属さない、全く新しいロッドシリーズとなる「アドバンスメント DFR-511」

DFR-511はアジ1匹1匹とのやり取りを楽しめる、掛けてから楽しいロッドとして開発されたショートロッドです。そのため、シャキッと張りのあるパッツン系と呼ばれるようなロッドとは真逆の、非常にしなやかに曲がるロッドになっています。ロッドを振ってやればティップ、ベリーどころかバット近くまでプルプルと揺れるようなロッドです。

フッキングが決まり、バラシも少ない

曲がるロッドとなるとフッキングはどうなんだろう?と気になるところですが、DFR-511は小さな動作で合わせても、しっかりとフッキングが決まるロッドになっているそうです。

そして、掛けた後は魚の動きに追従してしなやかに曲がるため、魚を必要以上に暴れさせることなく、小さい魚だろうと大きい魚だろうとバラすことが少ないロッドになっています。

ギガアジも尺メバルもどんとこい!

34史上最も細いバットを持つロッド「DFR-511」。その華奢さから大きな魚が掛かったとき、為す術もなくやられてしまうんじゃないか?と不安を感じますが、全く問題ないそうです。

DFR-511で実際にギガアジと呼ばれる40cmを超えるアジも、尺メバルも獲っており、不意のシーバスにも時間は掛かるものの対応できるとのこと。

DFR-511は華奢なロッドであっても、小さな魚~大きな魚まで楽しめるロッドです。

DFR-511解説動画


アジング界のカリスマ 34代表 家邊克己さんによる解説動画です。

スペック・発売日

製品名 DFR-511
全長 5’11”
継数 2
仕舞寸法 cm
自重 g
ルアー
ライン 未定
価格 未定

発売は2016年6月頃を予定しているようです。

アジ1匹、1匹とやり取りを楽しみたい、かけたアジは確実に獲りたいという方、34が提案する新しいアジングロッド「DFR-511」を導入してはいかがですか?

34/サーティーフォー アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます