タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

レボブラック6は深溝スプール搭載のタフネスリール!レボブラック9と比較

     ベイトリール  

アブガルシア「レボブラック6」は深溝スプール搭載のタフネスリール!レボブラック9と比較_001

AbuGarcia(アブガルシア)から2016年新発売となった「レボLTX BF8」、「レボALC」、「レボSLC」は軽さが特徴の1つとなるベイトリールでした。

今回はそんな軽量ベイトリール達とは一線を画す、軽さよりもタフさを極めたアブガルシアの新作ベイトリール「Revo BLACK6(レボブラックシックス)」を紹介します。

スポンサーリンク

アブガルシア「レボブラック6」は剛性のハイエンドベイトリール

レボブラック6は深溝スプール搭載のタフネスリール!レボブラック9と比較_003
パンチングやフロッグゲームといったパワーフィッシングを得意とするキムケンこと木村建太プロプロデュース第2弾リールとなる「レボブラック6」

琵琶湖でのガイドにメディアの取材、海外でのトーナメントと数多くの実釣をこなすキムケンさんが、現地で現場で大事な場面で壊れてしまわないよう、絶対的な強度と剛性を求めて開発されたリールですす。

ギア比6.4:1となるレボブラック6は、キムケンさんがローギア派と語る(カバー)クランキングやリップ付きのビッグベイトなどに最適なベイトリールです。

フルメタルハウジング

軽さよりもタフさを求めた「レボブラック6」。フレームとサイドプレートにアルミニウムを採用しています。

これによってレボブラック6は、フッキングを決めたときなど瞬間的に負荷が掛かったときでも、ボディに歪みやネジレが発生しにくい剛性と耐久性を実現しています。

大口径高強度ブラスギア&DLCコーディングピニオンギア

レボブラック6はリールの心臓部となるギアにも強度を求め、ドライブギアには大口径の高強度ブラスギア(真鍮ギア)を採用。

更にブラス(真鍮)製のピニオンギアには自動車関連のものに用いられているというDLCコーティングが施されています。

DLC (Diamond-Like Carbon)コーティングとは、主に炭素と水素で構成される、ナノレベルの薄膜を金属表面にコーティングする技術です。このコーティング層は、非常に薄いにも係わらず硬質な性質を持つため、従来にない低摩耗・高潤滑性をもたらします。
引用:DLCコーティングとは?

この大口径高強度ブラスギアとDLCコーディングピニオンギア、そして歪みのないアルミ製の高強度ボディの効果によって、レボブラック6は快適にルアーを巻くことができるのではないでしょうか(巻き心地ではない)。

インフィニブレーキシステム S-Mode仕様

レボブラック6はインフィニブレーキシステム S-Mode仕様採用
レボブラック6はアブガルシアが誇る遠心ブレーキとマグネットブレーキが併用できる「インフィニブレーキシステム S-Mode仕様」を採用しています。

従来のインフィニブレーキシステムに「S-Mode」というモード設定が加わることによって、強く遠心ブレーキをかけることができ、従来よりもブレーキ調整の幅が広がっています。

空気抵抗の大きいルアーをフルキャストしてもバックラッシュせず、快適な釣りを楽しむことができるのではないでしょうか?

ハンドル&ダブルフィンガーノブ

レボブラック6はハンドル&ハンドルノブも軽さを度外視した強度重視のものをセレクト。

ハンドルには力を込めてゴリゴリと巻いても簡単に折れたり曲がったりしないように、「厚さ4mmのアルミ製のストレートハンドル」を採用。

ハンドルノブにはガッツリと指を掛けて握り、力を込めてゴリゴリと巻けるように「ダブルフィンガーノブ」を採用。

また、ハンドルアームとハンドルノブを繋ぐシャフトにもアルミではなく、ステンレスを採用しています。

なので、カバーからバスを引き剥がすためなどにゴリ巻きしても安心です!

レボブラック9との違いはスプール?両リールを比較

キムケンさんプロデュースリール第1弾となる「レボブラック9」と「レボブラック6」はどこが違うのか?

違いは恐らく3つです。

1つ目はギア比。レボブラック9がギア比9.0:1だったのに対し、レボブラック6はギア比6.4:1

2つ目は最大巻取長(ハンドル1回転)。レボブラック9の最大巻取長が93cmだったのに対し、レボブラック6の最大巻取長は66cm

3つ目はスプールです。

アブガルシア「レボブラック6」のスプールは深溝仕様
レボブラック9のスプールのラインキャパシティが16lb-100m、20lb-80mだったのに対し、レボブラック6のスプールのラインキャパシティは16lb-125m、20lb-100m

同じレボブラックシリーズながらレボブラック6の方が深溝のスプールになっています。恐らくボディは共通だと思うので、スプールには互換性があるのではないでしょうか?

レボブラック6の発売日とスペック

製品名 ギア比 自重(g) ドラグ力(kg) 巻取長(cm) ライン(lb-m) ベアリング 価格(円)
レボブラック6 6.4:1 235 7 66cm 16-125 / 20-100 7/1 41,000
レボブラック6-L 6.4:1 235g 7 93cm 16-125 / 20-100 7/1 41,000

レボブラック6の発売日は2016年8月頃を予定しているようです。

キムケンさんプロデュースのレボブラック6で、キムケンさんのようにビッグベイトやクランクベイトをガンガン巻いてはいかがでしょうか?

アブ・ガルシア ピュアフィッシング ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます