タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

アブ ソルティーステージ チェックメイトは最強の感度と回避性能を備えたチヌ・キビレ用リグ

     チニング用ルアー, 動画  

アブ ソルティーステージ チェックメイトは最強の感度と回避性能を備えたチヌ・キビレ用リグ

今回はAbu Garcia(アブガルシア)から2016年新発売となる、最強の感度と回避性能を備えているというチヌ・キビレ用ラバージグ(ラバーリグ)「Abu SaltyStage Checkmate(アブ ソルティーステージ チェックメイト)」を、実釣解説動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

アブガルシア「アブ ソルティーステージ チェックメイト」

”アブガルシアより最強感度&回避性能ベイト現る!!”なる売り文句が目を引くルアー「アブ ソルティーステージ チェックメイト」。チヌ・キビレゲーム定番のボトムをズルズルと引いてくる底ズル系ルアーとなるラバージグ(ラバーリグ)です。

ウエイトは様々なフィールド、状況にに対応できる4種類(3.5g / 5g / 7g / 10g)がラインナップされています。

ボトム感知能力と回避性能を高めたヘッド

チヌ・キビレの底ズルゲームでは、ボトムを、ボトムの変化を感じながら引いてくることが非常に大切になってきます。ボトムをズルズルと引いてきたときに、他の所よりもゴツゴツしている(ゴツゴツしていない)と感じるところや、海藻などが引っ掛かりすぎない(引っ掛かる)ところなどを重点的に攻めると、良い結果が出ることがあります。

アブ ソルティーステージ チェックメイトは、そんなボトムの変化を感じ取りやすいように、ヘッドの底部にキールを設けています。また、底ズルゲームの最大の敵であり、付きものとも言える根掛かりを回避しやすいように、ヘッド形状を幅広にしているそうです。

これらによって、アブ ソルティーステージ チェックメイトは、快適な底ズルゲームを楽しむことがができるルアーになっているようです。

可動域の広いフックとフッキングパワーをロスしないアイ

アブ ソルティーステージ チェックメイトは、ラインアイが横アイになっています。ラインアイを横アイにすることによって、フッキング時にラインが前後にズレることがないため、フッキングパワーをロスすることがありません。

なので、チェックメイトを使用する際は、スナップを使うのではなく、ラインを直接アイに結ぶのがオススメだそうです。

また、フックの可動域をあえて広く設定しています。これは林健太郎さん曰く「(可動域を広く設定することで柔らかいロッドでも)ロッドのしなりだけで、かんぬきの部分に誘導することができる」からだそうです?

ただ、ボトムでの安定感を求める場合は、トレーラーワームとしてバークレイの「バブルスピア」のような横幅のあるワームを合わせるする必要があるようです。

それではアブ ソルティーステージ チェックメイトの実釣解説動画を見てみましょう。

アブ ソルティーステージ チェックメイトでチヌ・キビレを攻略!


ピュアフィッシングジャパンフィールドテスター林健太郎さんが、アブ ソルティーステージ チェックメイトの特徴や使い方を実釣を交えながら解説してくれる動画です。

カラー

アブ ソルティーステージ チェックメイトのファーストカラーラインナップは7色。

BLH(ブラックホログラム)
PSIL(パープルシルバー)
GRG(グリーンゴールド)
MTLR(メタリックレッド)
GOR(ゴールドオレンジ)
ORCH(オレンジチャートリュース)
PKH(ピンクホログラム)

林健太郎さんは甲殻類を補食しているなというときはレッド系、海に近いフィールドではブラック系、濁りがあるときはチャート系などを使うそうです。

個人的には赤系が好きなのでメタリックレッドか、ブラックホログラムあたりが欲しいですね。

スペック

製品名 アブ ソルティーステージ チェックメイト
ウエイト 3.5g / 5g / 7g / 10g
入数 1
価格 450円(10gのみ500円)

これからますます楽しくなってくるチヌ・キビレゲームを、アブ ソルティーステージ チェックメイトで攻略してはいかがでしょうか?

アブ・ガルシア ピュアフィッシング チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます