タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

アルファスSVの特徴・設定を動画で解説!3万円を切るSVスプール搭載リール!

     ベイトリール, 動画  

  • アルファスSVの特徴・設定を動画で解説!3万円を切るSVスプール搭載リール!

軽量コンパクトで使いやすく、それでいて手を出しやすい価格も魅力的だったダイワのベイトリール「ALPHAS(アルファス)」シリーズ。

2015年、新たにSV(ストレスフリーバーサタイル)スプールを搭載して「アルファスSV」が新発売となります。

今回はそのアルファスSVの特徴などをダイワワークススタッフの方が丁寧に解説してくれる動画を紹介します。

スポンサーリンク

アルファスSV

動画


33mmの超々ジュラルミン製SVスプールを搭載した新型ベイトリール「アルファスSV」。ブレーキシステムにはスティーズSVやスティーズリミテッドなどと同じエアブレーキシステムを採用しています。

アルファスSVは、軽量なルアーから重いルアーまで快適に扱うことができ、ベイトリールに対する苦手意識を植え付けるバックラッシュも極めて少ないという、まさにストレスフリーなベイトリールとなっています。

またSVスプールを搭載し、上位機種にも引けを取らない性能を持ちながら、2万円台前半という実売価格も非常に魅力的なリールです。

ベイトリール最初の1台として購入しても長く使うことができるリールとなるのではないでしょうか。

SS SVとの違い

スプール径が34mmのSS SVに対して、アルファスSVは更に小さい33mmのSVスプールを搭載しています。

SS SVよりも小径なスプールを搭載したアルファスSVの方がスプールの立ち上がりが良く、より軽量なルアーを快適に扱うことができるそうです。

具体的にはスタッフの方曰く「3.5gくらから上のルアーが扱いやすい」そうです。

また淡水専用だったSS SVに対し、アルファスSVはソルト対応となっていますのでロックフィッシュゲームなどに良さそうです。

スペック

ラインナップはギア比が5.8:1のノーマルギアモデルと7.2:1のスーパーハイギアモデルの2種類(左右ハンドルあり)。

ギア比によってパーツカラーが異なり、ノーマルギアモデルはシルバー、スーパーハイギアモデルはレッドとなっています。

ハンドルには少し短めの80mmのクランクハンドルを採用。

製品名
アルファスSV
ギア比
5.8:1/7.2:1
自重
175g
巻取長
60cm/74cm
糸巻量
12lb-40~80m
ベアリング
6/1
価格
30,000円

発売は2015年3月を予定しているようです。

ダイワ/DAIWA ブラックバス シーバス ロックフィッシュ チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます