タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

新星「アングリングバス」は岸釣り特化!創刊日も決定!?

     雑誌・DVD  

新星「アングリングバス」は岸釣り特化!創刊日も決定!?

2014年3月、バスアングラーにとって1つの悲しい別れがありました。長い付き合いだった人、思い入れが強かった人など、26日が来れば今もその姿を探してしまうという人もいるかもしれません。

しかし、別れもあれば出会いもあります。アングリングファン、アングリングソルトなどを刊行しているコスミック出版から「Angling BASS(アングリングバス)」という新しいバスフィッシング雑誌が生まれようとしています。

スポンサーリンク

アングリングバスはオカッパリに特化!

アングリングバスが創刊となるにあたり、コンセプトとして掲げてきたのが岸釣り(オカッパリ)に特化した特集を組むということ(岸釣り×ビッグベイト、岸釣り×野池などと書かれているのを見るに、毎回何かしらのテーマを持ってオカッパリに挑むという形になるのでしょうか)

日本でのバスフィッシングはボートよりもオカッパリ人口の方が圧倒的に多く、オカッパリアングラーにとって、オカッパリ目線での情報を求めていた方にとって、オカッパリ特化というのは朗報ではないでしょうか。

オカッパリのプリンス川村光大郎さんなどのようにオカッパリをメインに活躍する人気のプロアングラーがいて、オカッパリ専用設計を謳うロッドやリールが登場している昨今、更にオカッパリが楽しくなるような上手くなれるような特集になればと願っています。

といってもオカッパリオンリーというわけではないのでボートアングラーも安心ですよ?

またラジコンヘリを使った空撮や潜水艦による水中映像も検討しているそうです。

新製品記事

雑誌を購入する理由にもなる新製品情報。アングリングバスでは「ただのカタログ」で終わらせるのではなく、新製品記事には全てインプレッションをつけると宣言!プロ・アマ問わず名うてのアングラーやショップ店員、メディア関係者が徹底的に使い込んで使用感をインプレするそうです。

これは非常にステキだと思います。新製品の情報はもちろん知りたいですが、同じように使用感も知りたいんですよね。現にGoogleなどでロッドやリール、ルアーなどを検索すると「○○(ルアーネームなど) インプレ」という検索候補が上位に表示されます。これは気になるアイテムのインプレを知りたいと思っている人が多い結果です。

アマチュアの意見なんか、と思われる方もいるかもしれません。しかし、メーカーと契約していないからこそ、柵がない人だからこそ言えることもあります。だからこそ、メーカーに媚びない本当の声を聞かせて欲しいと思います。

YouTubeやSNSを活用

アングリングソルトなどと同じようにYouTubeを活用した動画の配信に加え、TwitterやFacebookなどのSNSを活用して、読者の声を活かした一方通行にならないユーザーライクな企画、誌面作りを考えているそうです。
読者参加型の企画などがあれば面白いかもしれませんね。

創刊日

2014年8月26日になるようです。

上に掲載した画像は2014年5月26日発売のアングリングファン2014年07月号に掲載されています。ぜひともご自分の目で確認していただければと思います。

御礼

最後に、画像を提供いただいたアングリングバス編集部様には御礼申し上げます。

アングリングバス ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます