タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

アピア「ゴールドワン」の喰わせとリアクション 2つの動き、使い方で尺メバルに挑む!

アピア「ゴールドワン」の喰わせとリアクション 2つの動き、使い方で尺メバルに挑む!

今回はAPIA(アピア)から満を持して発売となる金丸竜児さんプロデュース第1弾のライトゲーム用ルアー「GOLD ONE(ゴールドワン)」を、水中アクション動画・実釣動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

金丸竜児プロデュース第1弾ルアー アピア「ゴールドワン」

2016年冬にオーシャンルーラーを退社し、2016年春にアピアとプロスタッフ契約を結んだ人気ライトゲームアングラー 金丸竜児さんプロデュース第1弾ルアー「ゴールドワン」

そんなゴールドワンが生まれた背景として、生みの親である金丸竜児さん曰く――

私は釣りにおける自身の欠点を熟知している。それは、面倒くさがりであるところだ。
具体的に、例えば、ノンアクションのルアーを使用している際、そこにターゲットがいるにも関わらず口を使ってくれない、このとき、頭の中では「リアクションのルアーに変えるとひょっとしたら口を使ってくれるかも知れない」といった具合にある攻略パターンがよぎるのだが、ルアーを付け替えるのが面倒くさいし、何よりもその時間が勿体ないと自分に言い聞かせ、その突破口を試さないことが少なからず存在するのだ。

(中略)

こういった背景がある中で、次に私が思いつくこととしては、ルアーを変更することなく、様々なアクションを一つのルアーで生み出すことはできないのかというものである。
そうすることで自身のウィークポイントを潰そうと考えたのだ。
なかでも、ライトゲームでは特に多発する「ウォブリング」と「ダート」、これらのアクションを、ルアーを取り換えずに奏でることができれば、更に釣果を引き出すことも夢ではない、こういった想いから開発着手し生まれたのが「ゴールドワン」なのである。

引用:GOLD ONE | ルアー | APIA -アピア-

金属素材のヘッド樹脂素材のボディという2つの異なる素材を組み合わせることによって生まれたゴールドワンは、この金丸竜児さんの言葉が示すように、ただ巻きで使えばバイブレーションライクなタイトなウォブリングアクション、ロッドアクションを加えればワインド用ルアーのようなダートアクションという喰わせとリアクション――2つの異なるアクションを演出することを可能にしています。

更に、2つのアクションを組み合わせることで、幅広い誘いを可能にし、1つで2度、3度おいしいルアーに仕上がっており、金丸竜児さんの代名詞とも言えるターゲット「メバル」だけでなく、シーバス、カマス、チヌ・キビレなど、様々なターゲットに対応するルアーになっています。

サイズは全長37mm、自重5g

それでは、金丸竜児さんの面倒くさがりな性格から生まれたアピア「ゴールドワン」の水中アクションを動画で見てみましょう。

アピア「ゴールドワン」の水中アクション動画


アピア「ゴールドワン」のバイブレーションライクなタイトなウォブリングアクションと、リアクションバイトを誘うダートアクションが確認できる動画です。

興味のある方は参考にされてはいかがでしょうか?

アピア「ゴールドワン」で尺メバルに挑む!


アピア「ゴールドワン」の生みの親であるアピアライトゲームプロスタッフ金丸竜児さんと献上真也さんが、ゴールドワン等を使って尺メバルに挑む動画です。

アピア「ゴールドワン」のカラー

ゴールドワンのファーストカラーラインナップは10色。

  • 金丸ギャラクシー
  • シラス一番
  • クリアギーゴ
  • ホロゴースト
  • キビナゴゴースト
  • コイカ
  • イワシ
  • ピンクイワシ
  • ザコ雑魚
  • コアジ

金属素材のヘッドに樹脂素材のボディを組み合わせているからこそのカラーラインナップになっています。

個人的にはクリアギーゴ、ピンクイワシあたりが欲しいですね。

アピア「ゴールドワン」のスペック・発売日

製品名 ゴールドワン
全長 37mm
自重 5g
タイプ シンキング
アクション ウォブリング / ダート
フック トレブルフック #14
価格 980円

アピア「ゴールドワン」の発売日は2016年10月中旬頃を予定しているようです。既に10月中旬ですので、近いうちに店頭で通販で購入することができるようになるのではないかと思います。

メバリングなどのライトゲーム用ながら、シーバス等にも対応するというゴールドワンで、様々なターゲットを狙ってみてはいかがでしょうか?

アピア/APIA シーバス アジング・メバリング ロックフィッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます