タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

シマノ「ジジル70F」はなぜ釣れるのか?その秘密と使い方を実釣解説

     バス釣り用ルアー  

shimano_jijil70_001

今回はプレッシャーが高く、なかなか喰わせられないような難しい魚でさえも、バイトを引き出すことができる魔法のようなI字系ルアー――SHIMANO(シマノ)「Bantam Jijil70(バンタム ジジル70)」を、その秘密と使い方がわかる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

一線を画すI字系ルアー シマノ「バンタム ジジル70 ZT-207Q」

デスアダーのI字引きに始まり、ジャッカル「セイラミノー」、OSP「アイウェーバー」、スミス「AR-SSミノー」など、棒のようにただ真っ直ぐ泳いでくるだけで、アクションらしいアクションをしない、所謂I字系と呼ばれるルアー達。今や定番化したと言っても過言ではないルアーです。

使ったことがない人からすれば、「こんな動かないルアーで釣れるの?不良品じゃないの?」と首をかしげざるをえないルアー(笑)ですが、時に爆発的な威力を見せ、時にトーナメントのウイニングルアーになることもある、魚だけじゃなくアングラーをも魅了するルアーでもあります。

しかし、アングラーにその絶大な威力が知れ渡れば知れ渡る程、魚(ブラックバス)からの警戒心が強くなり、当初ほどの爆発力が期待できなくなってきているのも事実。

shimano_jijil70_002
そんな状況――チェイスしてくるけど喰わないなど――を打破すべく開発されたのが、I字系ルアーを得意とする山木一人さんがプロデュースする進化型I字系ルアー「バンタム ジジル70」です。

サイズは全長70mm、自重4g。フローティングタイプ

「バンタム ジジル70」のワグロックジョイントが喰わない魚のバイトを引き出す!飛距離も抜群!

shimano_jijil70_003
「バンタム ジジル70」の最大の特徴は、ヘッド部(首)がクネクネと動くことを可能にした”ワグロックジョイント”と呼ばれる面白いジョイント機構を搭載している点にあります。

クネクネ動く?I字系ルアーって棒のように動かず、真っ直ぐ泳ぐことが大事なんじゃ……?

その通りです。もちろん、名手 山木一人さんがプロデュースするバンタム ジジル70だって、ジョイントルアーだからといって無闇矢鱈にウネウネ動くわけではありません。

ジジル70はヘッド部が可動する作りになっていますが、リトリーブ中――スローリトリーブからファストリトリーブまで――はヘッド部はウネウネ動いたりせず、棒のようにほとんど動くことなく真っ直ぐ泳いできます。

しかし、リトリーブを止めると前に進もうとする後方のボディに押され、真っ直ぐ前しか向いていなかったジジル70のヘッド部が、何かに反応するかのように首をクネっと折れ曲がらせます。そして、水平姿勢を保ったまま浮上しながら再び折れ曲がったヘッド部が真っ直ぐになり、水面に浮かび上がる直前に再度ヘッド部をクネらせます。

このジジル70の自発的なアクション――ヘッド部が折れ曲がるアクション、折れ曲がったヘッド部が浮上しながら真っ直ぐに戻るアクションこそが、従来のI字系ルアーでは喰わせるのが難しかった、チェイスするけれど喰わない魚のバイトを引き出すトリガーとなるそうです。

shimano_jijil70_004
また、ジジル70は細くて軽くてジョイントタイプで、とキャストが難しそうなルアーながら、タングステンボール採用の重心移動システムを搭載しており、I字系ルアーを使う上で大事となる飛距離も期待できるルアーとなっています。

それでは、ジジル70の喰わない魚のバイトを引き出す秘密のアクションと使い方を動画で確認してみましょう!

シマノ「ジジル70」が釣れる秘密、使い方を山木一人が実釣解説(動画)


バンタム ジジル70の生みの親である山木一人さんが、ジジル70の特徴とアクションを実釣を交えながら、水中アクションを交えながら解説してくれる動画です。

ジジル70の使い方

ジジル70の基本的な使い方は”ただ巻くだけ”です。それだけで多くの魚を引き寄せることができます。しかし、ただ巻いているだけでは、魚が出てくるけど喰わない。チェイスしてきたけど喰わない。そんなときは止めてやると、ジジル70だからこその自発的なアクションがバイトを引き出す最後の一手になってくれるようです。

また、ロッドアクションにも機敏に反応してくれるように作ってあるそうなので、もう少しで喰うのに!ってときにトゥイッチなどを入れてやると良さそうです。

shimano_jijil70_006
更にジジル70はI字系ルアーとしてだけでなく、簡単なチューン――背中に設けられたホールにシリコンラバーを挿入してやるだけ――を施すことによって、

shimano_jijil70_007
虫系ルアーのように誘うことも可能!1つで2度おいしいルアーになっています。

イヨケンが初めてI字系プラグ(ジジル70)に挑む!


こちらは山木一人さんと共に新生バンタムブランドを手がける”イヨケン”こと伊豫部健さんが、初めてI字系ルアー「ジジル70」に挑戦する動画です。

I字系ルアーをこれまで使ったことが無かった人、使い方がわからない人、それ以外の人も、この動画を見てイヨケンさんと共にジジル70の使い方を学んではいかがでしょうか?

シマノ「ジジル70」のカラー

バンタム ジジル70のファーストカラーラインナップは豊富な12色。

  • フラッシュワカサギ
  • オイカワ
  • モロコ
  • マットアユ
  • シャンパンブラウン
  • イブシギン
  • ホロベリーキャンディ
  • ホロベリーブルー
  • ホロベリーホワイト
  • ホロベリーピンクヘッド
  • キャンディブラック

個人的にはシャンパンブラウン、ホロベリーキャンディ、ホロベリーホワイトあたりが好みですね。バス釣りだけじゃなく、ソルトでも使ってみたい。

シマノ「ジジル70」の発売日

製品名 ジジル70
全長 70mm
自重 4g
フック ST-36BC #12
価格 1,800円

シマノ「バンタム ジジル70」は絶賛発売中です。

山木一人さんが送る新しいI字系ルアー「バンタム ジジル70」で、これまで喰わせられなかった百戦錬磨のブラックバスに挑んでみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO シマノ新製品 2017年 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます