タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ブルーカレント 85TZ NANO オールレンジは究極の何でもロッド!?

yamagablanks_bluecurrent_85tz_001
今回はライトゲームを楽しむアングラーから人気のロッド――YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) BlueCurrent(ブルーカレント)シリーズに、2016年追加となる「ブルーカレント 85TZ/NANO オールレンジ」を紹介します。実釣動画は必見です!

スポンサーリンク

ヤマガブランクス「ブルーカレント 85TZ/ナノ オールレンジ」

ブルーカレント 85TZ NANO オールレンジは究極の何でもロッド!?
ブルーカレント85TZ/NANO オールレンジは、その名の通り、表層、中層、ボトムと全てのレンジを隙なく攻略できるロッドです。そして、ロックフィッシュから、シーバス、チヌ・キビレ、アオリイカなどあらゆるターゲットを狙える柔軟性とそれに負けないパワー、そしてルアー達が躍動する優れた操作性と感度を備えたロッドです。

そのため、ヤマガブランクス公式サイトでは、ブルーカレント各ロッドが得意とするルアーやターゲット、フィールドが具体的に書かれているのに対し、このロッドだけは

Target なんでも
Lure なんでも
Field どこでも

こんな感じになっています(笑)

実釣テストでは3g程度のジグヘッド単体の釣りから、15~19g程度のスピンテールジグ、3.5号(20g前後)のエギを使った釣りを披露。幅広いルアーと使い方に対応する懐の深いロッドであることを証明。

更にPE0.6号にフロロリーダー10lbというラインセッティングで、全長70cm、重量4.2kgのヒラスズキを見事キャッチ!東レの「ナノアロイⓇテクノロジー」を採用したナノブランクの性能を見せつけていました。

それではブルーカレント85TZ/NANO オールレンジの活躍ぶりを動画で見てみましょう!

ブルーカレント オールレンジ 85TZ/NANOならヒラスズキも!?


キャスト後のティップの収束がものすごく早いですね!ロッドを振り切った次の瞬間にはピタッと止まっているという。

スペック・発売日

ガイドはチタンフレームガイド+トルザイトリング。リールシートはFujiのVSS16リールシートを採用。

製品名 ブルーカレント 85TZ/NANO オールレンジ
全長 2.57m
継数 2
仕舞寸法 131.5cm
自重 未定
ルアー 3-21g
PEライン 0.4-1号
価格 45,000円

発売は2016年3月末頃を予定しているようです。

ライトゲーム用ロッドであることを忘れてしまうような、究極の何でもロッド「ブルーカレント 85TZ/NANO オールレンジ」。この1本で色んな釣りを楽しんではいかがでしょうか?

ヤマガブランクス アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます