タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

バウンシー(アブガルシア)が切り開くシーバス×チャターベイトの世界

     シーバス・ショア用ルアー  

2015年春にアブガルシアと新たに契約を結んだシーバスフィッシングのプロフェッショナルアングラー「村岡昌憲さん」

今回はその村岡昌憲さんがアブガルシアから送り出す記念すべき第1弾ルアー「SaltyStage Bouncy(バウンシー)」を紹介します!

スポンサーリンク

アブガルシア「バウンシー」

バウンシー(アブガルシア)が切り開くシーバス×チャターベイトの世界
村岡昌憲さんがアブガルシアで手掛ける最初のルアーとして選び、「バウンシー」と名付けられたそのルアーは、シーバスルアー定番のミノーでもバイブレーションでもシンペンでもない、まさかの”チャターベイト”です。

チャターベイトといえばバスフィッシングでは定番ルアーとしての地位を確立し、日本の色々なメーカーからも趣向を凝らした様々なものが発売されているルアーです。

しかし、シーバスフィッシングではあまり馴染みのないルアーと言えるのではないでしょうか?

ということはバウンシーはシーバス界きっての人気プロアングラー村岡昌憲さんプロデュースでありながら、シーバス用ルアーではないのか?まさかのブラックバス用?

いやいやいや、そんなわけがありません。バウンシーはもちろんシーバス用ルアーです!シーバスに挑むために開発されたチャターベイトこそが「バウンシー」です!

チャターベイト「バウンシー」とは?

チャターベイトをチャターベイトたらしめているパーツ――(チャター)ブレードを装備したジグヘッドに、専用のワーム(ソフトベイト)を組み合わせることで完全体となるルアー「バウンシー」

水深の深いエリアをスローに、よりスローに引くために開発されたルアーのようです。

バウンシーはチャターブレードがしっかりと水を掴むことで強い波動を発生させてアピールし、また強い抵抗となることでジグヘッドリグよりも圧倒的にゆっくりと引いてくることを可能にしています。

更にジグヘッドリグでは得ることができないブルブルブルブルブルという明確なバイブレーションを手元で感じることができるでしょう。ただ逆にその強いバイブレーションが負担になることもあるかもしれません。

またバウンシーはブレードとアイが、ブレードとヘッドが接触することで奏でられるサウンドにも期待できる……サイレントが当たり前のシーバスにはどうでしょうか。

バウンシーは深いレンジをスローに引くために21gという自重が設定されています。恐らくこの21gという自重はヘッド部のみの重量だと思います。21g以外にも更に深いレンジを狙うための28g、浅いレンジを引くための14gのラインナップも計画されているとか。

バウンシーはいじるのが楽しいルアーになる、かも

ピーンと私の心のように真っ直ぐなブレードが付いているバウンシ-。このブレードを上側に反らせたり、下側に反らせたり、ワームを別の物に変えたりすることで、バウンシーのアクションを変化させることができるのではないかと思います。

セッティングによってはシーバスが思わずバイトしてしまうような不規則な千鳥アクションが出たり出なかったりするかもしれません。

いじりすぎて取り返しの付かないことになることもあるかもしれませんが、世界に一つだけのバウンシーが生まれるかもしれません!

バウンシーのカラー

バウンシーのファーストカラーラインナップはヘッドがシルバーとゴールドの2色に、トレーラーワームが背中側と腹側のカラーが異なる2トーンカラーが目立つ12色。

アカキン
稚魚イール
ブルピン
クリアグリーン
クリアスモーク
特濃ブルピン
ダークブルー
フレッシュピンク
グローパープル
マスカットグリーン
パープルフレック
レッドヘッド

バウンシーのスペック

製品名
バウンシー
全長
不明
自重
21g
価格
980円

バウンシーが発売された折りには、チャターベイトはシーバスに効くのか?その威力を確かめてみてはいかがでしょうか?

アブ・ガルシア シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます