タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ブリキンスイマーはオカッパリ対応スイムベイト!特徴・使い方を動画で解説

     バス釣り用ルアー  

getnet_burikinswimmer_000

ジャスターホッグ、ジャスターフィッシュ、ジャスタークローラー、ジャスターシャッドなどアイテム数は多くないものの、テストにテストを重ねて得た実釣性能とユーザビリティを備えたルアーをリリースしているメーカー「GETNET(ゲットネット)」

今回はそんなゲットネットから2017年、いよいよ発売となるスイムベイト「ブリキンスイマー」を、特徴と使い方がわかる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

ゲットネット「ブリキンスイマー 5.4″」

ゲットネット初のスイムベイト「ブリキンスイマー 5.4インチ」。ボディにややボリュームをもたせた形状のスイムベイトで、そのブリッとしたシルエット、ブリブリの金魚のようなシルエットから「ブリキンスイマー」と名付けられたスイムベイトです。

サイズは全長137mm、自重32g(フック込み)。オカッパリでよく使われるミディアムヘビーパワークラスのロッドで手軽に扱えるようにと考えられたブリキンスイマーのサイズは、専用タックルを必要としません。

また、アングラーにとってもブラックバスにとっても大きすぎず小さすぎないサイズ感は、使用するフィールドを選ばず、数釣りもサイズ狙いもできる絶妙なサイズになっています。

ブリキンスイマーは究極のデッドスローリトリーブを可能に

getnet_burikinswimmer_001
「水面下50cmを究極のデッドスローに引けるスイムベイト」をコンセプトに開発された「ブリキンスイマー」。

そのコンセプト通りにアクションレスポンスに優れ、デッドスローリトリーブでもしっかりとシャッドテールを動かし、強すぎないヘッドアクションを実現。そのヘッドを振りすぎない、ロールを抑えたアクションは透明度が高いフィールドでも見切られにくいアクションになっているそうです。

また、低重心化された(ベリー部が)フラットなボディにロールアクションを抑えるフィンストッパーを搭載したことによって、スイミング姿勢が安定し、ファストリトリーブでもバランスを崩さず、水面~水面直下を引いてくることを可能にしています。

それでは、ブリキンスイマーの水中アクションや使い方がわかる動画を見てみましょう。

ブリキンスイマーの使い方・特徴を動画で解説


ゲットネット代表にして琵琶湖ガイドとしても活躍中の杉戸船長こと杉戸繁伸さんによる「ブリキンスイマー」の解説動画です。

特徴・使い方の他、水中アクションも確認できますので、気になっている方はぜひご覧ください。

ブリキンスイマーはネイルシンカーチューンで深いレンジにも対応

水面下50cmを究極のデッドスローリトリーブで~と考えられたブリキンスイマーは、基本的には浅いレンジを得意とするスイムベイトです。

しかし、もう少し深いレンジを攻めたいというときもあると思います。そんなときは異なるスイムベイトに交換してもいいのですが、ブリキンスイマーは予めそういった状況が想定されており、ネイルシンカーを挿入するためのホールがベリー部に設けられています。

getnet_burikinswimmer_006
このホールにネイルシンカーを挿入することで、ブリキンスイマーはより深いレンジをゆっくりと引くことが可能になります。

ネイルシンカー以外に「ボーンラトラー」や「TGフィネスラトラー」などを挿入して、サウンドで誘うのも面白いかもしれません。

ブリキンスイマーは2つの方法でフックを固定できる

トレブルフックを装備したスイムベイト「ブリキンスイマー」は、マグネットでもスリットでもない、面白い方法でフックを固定することが可能です。

ブリキンスイマーにはロールアクションを抑え、スイミング姿勢を安定させる役割を担う「フィンストッパー」と呼ばれるパーツが付いていました。

getnet_burikinswimmer_005
実はこのフィンストッパーはブリキンスイマーのアクションを制御するだけでなく、フックを固定することをも可能にするパーツになっているのです。

getnet_burikinswimmer_004
画像のようにフィンストッパーにフックを引っかけることで、ボディを傷つけることなく、フックを固定することができるのです!

もう1つは従来のスイムベイトのようにボディ(ベリー部)にフックを刺して使う方法。

getnet_burikinswimmer_002
これは従来のスイムベイトに近い固定方法ですが、ボディを傷つけすぎないようにフックを刺すためのホールが設けられています。

ただ、このホールはネイルシンカーを挿入するために使われるホールでもあり、ネイルシンカーを挿入した場合は、フィンストッパーでの固定方法を選ぶことになりそうです。

また、フックには高速回転するダブルクレン(スイベル)が付いているので、バラシを軽減する効果も期待できます。

ブリキンスイマーのカラー

ブリキンスイマーのファーストカラーラインナップは7色。

  • スカッパノンブルーフレーク
  • コアユ
  • スパークワイン
  • ハス
  • 桜ブルー
  • 青ジャコ
  • 野エビブルー

個人的には他のゲットネットのワームでも好きなカラーであるスカッパノンブルーフレーク、コアユあたりを選びたいですね。

ゲットネット「ブリキンスイマー」のスペック・発売日

製品名 ブリキンスイマー
全長 137mm
自重 32g(フック込み)
フック・フックサイズ カルティバ スティンガートレブル ST-36BC #1
価格 不明

ゲットネット「ブリキンスイマー」の発売日は2017年晩春~初夏あたりを予定しているようです。

野池から琵琶湖のようなビッグレイクまで対応するというブリキンスイマーで、スイムベイトの釣りを楽しんではいかがでしょうか?

ゲットネット/GETNET ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます