タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

バイズノイジークローの使い方・フックサイズを清水盛三プロが解説!

     バス釣り用ルアー  

Bait Breath(ベイトブレス)から新発売となる清水盛三プロプロデュースの新作ワーム「BYS NOISY CRAW(バイズノイジークロー)」

今回はこのバイズノイジークローと生みの親である清水盛三プロによる使い方やバイズシュリンプなどとの使い分けを紹介します。

スポンサーリンク

バイズノイジークロー

  • バイズノイジークローの使い方・フックサイズを清水盛三プロが解説!

「バイズノイジークロー」は、ZOOM(ZBC)のウルトラバイブスピードクローを彷彿とさせるクローパーツが特徴的な3.5インチサイズのワームです。

特徴的なクローパーツはフォール時、スイミング時にバタバタバタとアクションし、魚にアピールしてくれそうです。またクローパーツと3対の足は軽いシンカーを使ってもしっかりと動いてくれるそうです。

バイズノイジークローはBYSシリーズですので、匂いで魚を誘い、味でバイト時間を延ばすといった効果が期待できるBYSミックスフレーバーが配合されています。

ブラックバスだけでなくロックフィッシュにも良いかもしれませんね。針持も良いそうですよ!

リグ

清水盛三プロはスイミングジグ(スイミングトゥルーパー等)のトレーラーに使おうかなと考えているそうです。もちろん、テキサスリグ、直リグ、ラバージグのトレーラーにもオススメです。

テキサスリグで使用する場合のフックサイズは#2/0もしくは#3/0。

使い分け

他のバイズシリーズとの使い分けとして、清水盛三プロはカバーの濃さで判断しているそうです。カバーが濃ければパーツが少なくすり抜け性能が高いバイズシュリンプを、カバーが薄ければバイズクローやバイズノイジークローを使うそうです。

またサイズを選びたいとき、大きい魚を釣りたいときはバイズシュリンプだとか。

詳しくはスポニチ釣りMAXで連載中の「清水盛三コラム」をご覧ください。

スペック

製品名
バイズノイジークロー
全長
3.5インチ
入数
8
価格
780円

ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます