タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイワ「チニングスカウター60F」で楽しむチヌトップ!シルバーウルフ発!

     チニング用ルアー  

ダイワ「チニングスカウター60F」で楽しむチヌトップ!シルバーウルフ発!

今回はボトムゲーム(底ズル)とはまた違った楽しさがある、チヌ(キビレ)のトップゲームに最適なペンシルポッパー――ダイワ「シルバーウルフ チニングスカウター60F」を、アクションが確認できる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「シルバーウルフ チニングスカウター60F」

トーナメントが開催されるほどチニングが盛んなオーストラリアのプロアングラーと、日本の中山聡さんが参画して開発されているというダイワのチニング専用ブランド「シルバーウルフ」

そんなシルバーウルフブランド2つ目のトップウォータープラグとなるのが「シルバーウルフ チニングスカウター60F」です。チニングスカウター60Fはその名前から分かるように、モアザンスカウターなどと同じペンシルポッパータイプのルアーとなります。

サイズは全長60mm、自重7.3g。チニングペンシルよりもぽっちゃりとしたボディ後方にはウエイトが入っており、scouter(=偵察者)の名の通り、圧倒的な飛距離で広範囲をサーチすることが可能です。

ウォータースルーギル構造

ダイワ「シルバーウルフ60F」のウォータースルーギル構造
チニングスカウター60Fには、ウォータースルーギル構造と呼ばれる、カップに設けられた穴から水を取り込み、ボディ側面(エラの手前)から排出するというモアザンスカウター譲りのデザインが採用されています。

これによって、チニングスカウター60Fはバブルを伴った独特のサウンド、飛沫を演出することができます。そして、やや尻下がりの浮き姿勢?とテールフィンによって、ドッグウォークなどのアクションの付けやすいルアーになっているのではないかと思います。

それでは、チニングスカウター60Fのアクションを動画で見てみましょう!

シルバーウルフ チニングスカウター60Fのアクション動画


実際のチニングスカウター60Fのサイズ感や水面でのアクションが確認できる動画です。

チニングスカウター60Fのフックセッティング

チニングスカウター60Fにはダイワが誇る”サクッと刺さる”サクサス加工が施されたトレブルフック(サクサストレブル)が標準装備となっています。

フックサイズはフロント・リア共に#8。少し大きなサイズ(#6)にも対応し、アクションを抑えたいときなどに有効だそうです。

シルバーウルフ チニングスカウター60Fのカラー

チニングスカウター60Fのファーストカラーラインナップは6色。

レインボーBK
マイワシレッドベリー
マジックストライプ
ホロクラウン
トロピカルベイト
リアルシュリンプ

個人的にはトロピカルベイトが好みです。

シルバーウルフ チニングスカウター60Fの発売日・スペック

製品名 シルバーウルフ チニングスカウター60F
全長 60mm
自重 7.3g
タイプ フローティング
フック サクサストレブル #8
価格 1,400円

シルバーウルフ チニングスカウター60Fの発売日は2016年8月、今月中を予定しているようです。

チヌ・キビレのトップウォーターゲームが熱い時期!チニングスカウター60Fで、水面が爆ぜるチヌトップを楽しんではいかがでしょうか?

チニングスカウター60Fが早くもザ・フィッシングデビュー!

2016年8月13日放送予定(地域によって異なる)の「The Fishing(ザ・フィッシング)」に、チニングスカウター60Fをプロデュースする?中山聡さんと共に登場予定です!

かなり好調だというチニングスカウター60Fに興味がある人はお見逃しなく!

ダイワ/DAIWA チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます