タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

コンバットスティック フェイズは今までと違う!?エバーグリーン新ロッドの価格・発売日まとめ

     バスロッド, 動画  

エバーグリーン「コンバットスティック・フェイズ」の新たな領域!価格・スペック・発売日まとめ

今回はEVERGREEN(エバーグリーン)が誇るコンバットスティックシリーズに、2016年新たに加わるバスロッド「Combat Stick PHASE(コンバットスティック フェイズ)」を、ラインナップと価格・発売日などと共に紹介します。

スポンサーリンク

エバーグリーン「コンバットスティック フェイズ」

エバーグリーンのバスロッド――「コンバットスティック」といえば、日本のバスフィッシングトーナメントで輝かしい実績を残すアングラー達の右腕として、共に戦ってきた「勝つためのロッド」。

それは今も変わりません。

現行の「コンバットスティック ヘラクレス」、福島健プロが手掛ける「ヘラクレス ファクト」、今江克隆プロが手掛ける「カレイド インスピラーレ」、清水盛三プロが手掛ける「コンバットスティック シナジー」のどれもがトーナメントで勝つためのロッドです。

しかし、2016年リリースとなる「コンバットスティック フェイズ」は、今までのトーナメントでの勝利を追求したロッドとは異なり、バスフィッシングに必要な動作を快適に行える使いやすさ、基本的な性能を高めたロッドとなります。

エバーグリーン「コンバットスティック・フェイズ」の新たな領域!価格・スペック・発売日まとめ
コンバットスティック フェイズは、投げる・操る(誘う)・掛ける・獲るといった一連の動作の中でも、特に投げること――キャスティングに重点を置いたロッドであり、オーバーヘッドキャスト・サイドハンドキャスト・ピッチングなどあらゆるキャストフォームで快適に、そして狙ったポイントへ正確に送り込むことができるロッドになっているそうです。

それではコンバットスティック・フェイズのラインナップを見ていきましょう。

コンバットスティック フェイズ「PCSC-66M ウォリアー」

6フィート6インチのミディアムパワーというバーサタイルロッドの代名詞的ロッド「ウォリアー」。初代コンバットスティックから常に高い人気を誇ったロッドです。

そんなウォリアーの名を受け継いだ「PCSC-66M ウォリアー」もまたあらゆるルアー・リグ、スタイルに対応する優れた汎用性を持ち、更に進化したバーサタイルロッドとなっているそうです。

ウォリアーのスペック

製品名 PCSC-66M – ウォリアー
全長 6’6″
自重 135g
パワー ミディアム
ルアー 3/16-3/4oz(5-21g)
ライン 8-16lb

コンバットスティック フェイズ「PCSC-67MH テンペスト」

タクティクス テンペストの名を受け継いだコンバットスティック・フェイズ「PCSC-67MH テンペスト」

(ライト)テキサスリグや直リグ、ヘビダン、ラバージグ、フットボールジグなどの操作系ルアーの釣りを得意とするロッドです。しかしながらスピナーベイトやバイブレーション、クランクベイトにも対応する汎用性も兼ね備えているようです。

テンペストのスペック

製品名 PCSC-67MH – テンペスト
全長 6’7″
自重 不明
パワー ミディアムヘビー
ルアー 1/4-1oz(7-28g)
ライン 10-20lb

コンバットスティック フェイズ「PCSC-68H タイラント」

菊元俊文プロの右腕として数え切れないほどのビッグバスを仕留めてきたロッド「タクティクス タイラント」。

そのタイラントを現在の技術で、上回るスペックで復活させたロッドがコンバットスティック・フェイズ「PCSC-68H タイラント」です。

ジグ番長 菊元俊文プロが得意とするジグ&テキサスにベストなロッドです。また、ジグ&テキサスだけでなく、スピナーベイトやジョインテッドクローなどの2ozクラスのビッグベイトにもマッチするロッドとのこと。

タイラントのスペック

製品名 PCSC-68H – タイラント
全長 6’8″
自重 不明
パワー ヘビー
ルアー 3/8-1・1/2oz(10.5-42g)
ライン 12-25lb

コンバットスティック フェイズ「PCSC-71MH エクスプローラー」

JB TOP50に参戦するトーナメンターである一方、雑誌やTVなどのメディアでオカッパリ企画を持つなど、ボート・オカッパリ問わず、バスフィッシングを楽しんでいる関和学プロ。

そんな関和学プロが手掛けたバーサタイルロッドが「PCSC-71MH エクスプローラー」です。

撃つ釣りも巻く釣りもこなせる汎用性を持ち、7フィートのロングレングスによる圧倒的な遠投性能とオカッパリという足場が限られたスタイルでも確実に掛け、獲ることができるパワーを秘めたロッドです。

エクスプローラーのスペック

製品名 PCSC-71MH – エクスプローラー
全長 7’1″
自重 不明
パワー ミディアムヘビー
ルアー 1/4-1oz(7-28g)
ライン 10-20lb

コンバットスティック フェイズ「PCSS-61UL ガーディアン」

守護神(The Guardian)という名が与えられたウルトラライトパワーのスピニングロッド「PCSS-61UL ガーディアン」

6フィート1インチのレングスによる圧倒的な操作性を備え、ノーシンカーリグ、ジグヘッドリグ、ダウンショットリグ、ネコリグなどあらゆるライトリグを意のままに操ることができるロッドのようです。

何が何でも釣りたい、どうしても1本獲りたい、というときに頼りになるライトリグスペシャル的なロッドだとか。

ガーディアンのスペック

製品名 PCSS-61UL ガーディアン
全長 6’1″
自重 不明
パワー ウルトラライト
ルアー 1/32-1/4oz(0.9-7g)
ライン 3-8lb

コンバットスティック フェイズ「PCSS-68L フォーチュンブルー」

関和学プロプロデュースのスピニングロッド「PCSS-68L フォーチューンブルー」

タクティクス フォーチューンブルー譲りの根掛かりを回避しやすいというスナッグレステーパーなどを受け継ぎながら、キャスト性能や操作性などに更なる磨きを掛けたバーサタイルロッドとなっています。

菊元俊文プロ曰く「(フォーチューンブルーは)かつてタクティクスでナンバー1の人気を誇ったスピニングロッドで、フェイズはそれを上回るスペックに仕上がったロッド」だそうです。

フォーチュンブルーのスペック

製品名 PCSS-68L フォーチュンブルー
全長 6’8″
自重 114g
パワー ライト
ルアー 1/16-5/16oz(1.8-9g)
ライン 3-10lb

コンバットスティック・フェイズの特徴を菊元俊文プロが解説


初代コンバットスティックと共に栄光の道を歩んできた菊元俊文プロによる「コンバットスティック・フェイズ」の解説動画です。

コンバットスティック フェイズの価格・発売日

製品名 価格
PCSC-66M ウォリアー 43,000円
PCSC-67MH テンペスト 未定
PCSC-68H タイラント 未定
PCSC-71MH エクスプローラー 未定
PCSS-68L フォーチューンブルー 44,000円

コンバットスティック・フェイズの価格は4万円台前半とサブネームだけでなく、価格もまたタクティクスを彷彿とさせるような価格設定となっています。これは現行のラインナップの中で最も安いヘラクレスシリーズよりも、更に1万円以上安い価格設定です。

7万円台のインスピラーレに比べるとかなり安いとは思いますが、もう1万円ほど安かったらなーと思う価格設定ですかね。

ただ、エバーグリーンはグッチやエルメスのようなブランドを目指しているみたいなので、それを考えるとこの価格でもかなり勉強しているのかもしれません。

コンバットスティック・フェイズの発売日は

ウォリアー:2016年5~6月発売予定
フォーチューンブルー:2016年5~6月発売予定
エクスプローラー:2016年7月発売予定
テンペスト:2016年8月発売予定
タイラント:2016年9月発売予定
ガーディアン:発売日未定

となっているようです。

エバーグリーン/EVERGREEN ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます