タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

CZ-30 ゼッタイのキャスティングでの使い方を解説&実釣(シーバス動画)

  • CZ-30 ゼッタイのキャスティングでの使い方を解説&実釣(シーバス動画)_000

コアマン代表泉裕文さんが毎回シーバスフィフィッシングに精通するゲストを迎えてお送りする無料シーバス動画「コアッ!」Vol.21は、コアマンフィールドスタッフ北野雅朗さんをゲストに迎え、コアマンのお膝元である神戸港と住吉川を舞台にシーバスを狙います。

スポンサーリンク

コアッ!Vol.21

  • CZ-30 ゼッタイのキャスティングでの使い方を解説&実釣(シーバス動画)_001

今回のテーマはコアマンのメタルジグ「CZ-30 ゼッタイ」を使ったキャスティングゲーム――「ゼッタイング」。CZ-30 ゼッタイは、Vol.19でもメインに使用したルアーでもあります。

コアッ!Vol.21 (SALT WATER)

CZ-30 ゼッタイの使い方

CZ-30 ゼッタイは岸壁ジギング用に作られたフォールに特化したメタルジグでありながら、キャスティングでも高い性能を発揮するジグです。キャスティングで使用する場合でもフォールをイメージして使うと良いそうです。

具体的には、まずはキャストして着水したらラインスラックを取り、ボトムまでフリーフォールさせます。着底したら泉さんは細かくシャクって――ハンドル1/3回転させる間に1回シャクルる感じ――素早くベールを返してフリーフォール。

シャクッた後、いかに早くベールを返し、フリーで落とせるかが大事だそうです。

またオヌマンこと小沼さんは”遠くまで飛ぶシンキングペンシル”というイメージで使用しているとVol.19で語っていました。なので、メタルジグの釣りのイメージが掴みにくい人は、シンペンだと思って使うと良いかもしれません。

スナップとスイベルの使い分け

  • CZ-30 ゼッタイのキャスティングでの使い方を解説&実釣(シーバス動画)_003

泉さんはCZ-30 ゼッタイの使い方に合わせてスナップとスイベルを使い分けているそうです。

水深が浅くあまりフォールさせないとき、リトリーブ、横方向の動きで喰わせるときは動きを抑制するスナップを使用。

逆に水深があり、フォールでのアタリが多いとき、縦方向のイメージが強いときはスイベルを使用するそうです。

皆さんもこの動画を参考に”ゼッタイング”でシーバスゲームを楽しんではいかがでしょうか?

スペック

製品名
CZ-30 ZETTAI
全長
78mm
自重
30g
アクション
イナズマスライドフォール/イレギュラーダート
価格
950円

コアマン/COREMAN コアッ! アピスTV シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます