タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイコー「ドルーグ」――伝統の国産ブランクと最新技術の融合!

     バスロッド  

ダイコー「ドルーグ」――伝統の国産ブランクと最新技術の融合!

Japan Qualityを標榜し、メイドインジャパンの誇りと情熱を注いできた釣り具メーカー”ダイコー”。近年こそ一部海外製のものもありますが、Japan Qualityに相応しい伝統の国産ブランクとトルザイトリングなどの最新の素材、設計が融合した新世代バスロッド「DROOG(ドルーグ)」が2014年新登場です。

スポンサーリンク

ドルーグ

高弾性・高強度の国産ブランクを採用したドルーグはベイトキャスティングモデル8機種、スピニングモデル5機種の計13機種をラインナップ。ベイトフィネス対応ロッドとなる2機種(C66LS-bf/C67MLS-bf)にはソリッドティップを搭載。7フィート7インチというロングレングスモデル2機種(C77M-MH/S77L-ML)はテレスコピック仕様。

ガイドリングには次世代リングとして期待されるトルザイトリングを、ガイドにはチタンフレームのKシリーズ、KRコンセプトをベイト・スピニングに合ったセッティングで、リールシートにはFujiの新規格となるPTS(パーミングトリガーシート)を、グリップには国産EVAを採用。

見た目は今風のデザインぽく好き嫌いあるかもしれませんが悪くないのではないでしょうか。

価格は45,000~47,000円。発売は2014年春を予定。

ダイコー/DAIKO ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます