タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

スティーズシャッド MR/SRとDシャイナーは同じルアー!?ダイワ2016新作

     バス釣り用ルアー  

スティーズシャッド MR/SRとDシャイナーは同じルアー!?ダイワ2016新作

今回はダイワのSTEEZ LURE(スティーズルアー)から新登場となったシャッドプラグ「STEEZ SHAD SR/MR(スティーズ シャッド SR/MR)」を、Dシャイナーとの違いと共に紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「スティーズシャッド SR/MR」

2016年からスタートするダイワの新しいブラックバス用ライン「スティーズルアー」。その第1弾ラインナップとしてTDバイブレーションスティーズカスタムと共に登場するのが「スティーズシャッド SR/MR」です。

スティーズシャッドはサスペンドタイプのシャッドプラグで、潜行深度が~1mのSR(シャローランナー)と~2mのMR(ミディアムランナー)が用意されています。サイズは全長55mm、自重4.6g(SR)と4.7g(MR)

タイトなロールアクションと小さくスリムな形状がプレッシャーの高いフィールドや厳しい季節、スレたバス相手にも強い味方となってくれるルアーです。

ダウンヒル型重心移動システム

スティーズシャッドには特徴の1つとしてダウンヒル型重心移動システムと呼ばれる重心移動システムが採用されています。

これはウエイトボールが通るレールが、ボディ後方まで伸び、長い移動距離を確保する重心移動システムとは異なり、レールがボディ背中側に向かって伸びる構造となっています。

このダウンヒル形状の重心移動システムの採用によってスティーズシャッドは、キャスト時に移動したウエイトボールが着水後、またはアクションを加えた後に確実に前方に戻るようになっています。そのため、スティーズシャッドはウエイトボールの位置を気にすることなく、一巻き目から、ワンアクション目から攻めることができます。

スティーズシャッドとDシャイナーはどこが違う?

スティーズの名を冠した初のルアーとして期待される「スティーズシャッド」。しかし、何かに似ていると思いませんか?そうです、赤羽修弥プロプロデュースのシャッドプラグ「Dシャイナー」です。

非常によく似ている、瓜二つと言っても過言では無いこの2つ。どこが違うのでしょうか?

実は2つに違いはありません(たぶん)。スティーズルアーから発売するのに伴い、ルアーネームが変更になったに過ぎず、スティーズシャッドMRとDシャイナーは同じルアーになります。

ただし、スティーズシャッドSRは別。なぜなら、DシャイナーにはSRが存在しなかったから。

カラー

スティーズシャッド SR/DRのファーストカラーラインナップは12色。SRもDRも共通です。

赤羽シャッド
ワカサギ
クロキン
ゴーストワカサギ
ナチュラルパールアユ
ライムチャート
ピンクパープル
ゴーストヘリング
マットシルバーシャッド
セクシーサンバーストチャート
ブルーバックセクシー
グリーンゴールド

このうち、セクシーサンバーストチャート、ブルーバックセクシーはDシャイナーにはなかった新色となります。逆にスティーズシャッドには、マットタイガー、ゴーストギル、テストカラー、ゴールデンアユといったカラーが採用されていません。

個人的にはライムチャート、ブルーバックセクシーあたりが欲しいですね。

スペック・発売日

製品名 スティーズシャッド SR/DR
全長 54mm
自重 4.6g / 4.7g
タイプ サスペンド
フック トレブル#8(サクサス)
潜行深度 ~1m / ~2m
価格 1,400円

スティーズシャッドの発売は2016年3月を予定。つまり、絶賛発売中です!

名前は変わっても価格は変わらないスティーズシャッドで、ブラックバスを攻略してはいかがですか?

ダイワ/DAIWA ダイワ新製品 2016年 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます