タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイワ「テイルスラップ(ルアー)」が強いのはバチパターンだけじゃない

ダイワ「テイルスラップ(ルアー)」が強いのはバチパターンだけじゃない

クレイジージャーニーって番組知ってますか?面白いですよね!毎週楽しみに見ています。でも、洞窟探検家の話を見て以来、狭いところがなぜか怖くなってしまって困っています(苦笑)こんばんは。

今回はDAIWA(ダイワ)が提案する新しいジョインテッドシンキングペンシル「morethan TAILSLAP 75S(モアザン テイルスラップ75S)」を紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「モアザン テイルスラップ75S」

シーバスゲームのプロアングラーとして活躍する”オヌマン”こと小沼正弥さんプロデュースとなる3連ジョイントボディを持つシンペン「モアザン テイルスラップ75S」

テイルスラップは3連ジョイントボディによるワームのような滑らかなアクションを実現しながら、ワームよりも浅いレンジ――水面直下を引くことができるルアーとして開発されたシンペンです。

また、テイルスラップは全長75mm、自重6.1gという小さなサイズに加え、飛行姿勢が安定しなさそうなジョイントボディながら、クラス最高の飛距離を叩き出すそうです。

それではテイルスラップの水中アクションと小沼さんによる解説動画を見てみましょう。

テイルスラップ75Sの水中アクション動画


スイミング姿勢は尻下がりながら、テールが不自然に垂れ下がったりすることなく、テイルスラップはジョイントボディならではの柔らかいウネウネとしたアクションを魅せてくれます。

更にテイルスラップはウネウネしつつも、I字系ルアーのように何のアクションもしないタイミングがあるらしく、そのウネウネアクションからの変化がバイトトリガーになることがあるそうです。

テイルスラップのその艶めかしいアクション・変化と細身のシルエットが、バチパターンだけでなく、サヨリやシラスなどの細く小さなベイトを捕食しているときやスレたシーバスにも効果を発揮してくれるとのこと。
 

小沼正弥がテイルスラップ75Sの特徴と使い方を解説!


 

フックシステム

テイルスラップ75Sはフロントフックはトレブルフックながら、リアフックはシングルフックという変則的なフックシステムを採用しています。

これはテイルスラップの泳ぎを妨げることなく、フッキング率を向上させるために考えられたフックシステムのようです。ただ、リアにフックを付けない方が良い動きをするんだとか。なので、あえてシングルフックを取っ払って使ってみても面白いかもしれません。

カラーラインナップ

テイルスラップ75Sのファーストカラーラインナップは9色。9色のうち過半数となる5色がクリア系カラー。

ブラピン
蛍ムラクリアシラス
サヨリ
ドラゴンフルーツ
バチキャンディ
パールレッドベリー
ミッドナイトネオン
ラオムチャートシラス
ルートビアグリッター

個人的にはバチキャンディ、サヨリあたりご好みです。

スペック・発売日

製品名 テイルスラップ75S
全長 75mm
自重 6.1g
フックサイズ フロント:トレブル#12 / リア:シングル#6
価格 1,750円

発売は2016年3月頃を予定しているようです。

発売された折には、テイルスラップでシーバスを攻略してはいかがでしょうか?

ダイワ新製品 2016年 ダイワ/DAIWA シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます