タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

コアマン デイスター「バーサタイルデバイス 76L/80ML」はテレスコピック!重さも軽い!

     シーバスロッド  

コアマン デイスター「バーサタイルデバイス 76L/80ML」はテレスコピック!重さも軽い!

”コアマンのコアマンによるコアマン(ルアー/ファン)のためのロッド”として、2015年誕生したコアマン初のシーバスロッド「DayStar(デイスター)」

今回はそんなデイスターシリーズに、2016年待望の追加となるデイスター バーサタイルデバイス(VERSATILE DEVICE)2機種「CDS76L-CS/T」、「CDS80ML-CS/T」を紹介します。

スポンサーリンク

コアマン デイスター「CDS76L-CS/T・CDS80ML-CS/T バーサタイルデバイス」

コアマンが本気で作ったシーバスロッド「デイスター」シリーズ。その新たな可能性として登場となるのが「CDS76L-CS/T VERSATILE DEVICE」「CDS80ML-CS/T VERSATILE DEVICE」です。

第1弾ロッドとなった2機種――「CDS86L-CS アルカリダートスペシャル」、「CDS96ML-CS アイアンプレートスペシャル」――が、特定のコアマンルアーの名前が入ったサブネームを持ち、特定のコアマンルアーに特化したロッドだったのに対し、

デイスター バーサタイルデバイスはその名前の通り、何か1つのルアーの使いやすさを追求したモデルではなく、幅広いルアーが扱える――バーサタイル性を追求したロッドとなります。

そのため、CDS76L-CS/TとCDS80ML-CS/Tのベストルアーは「ALL Coreman Lures」になっています。

デイスター バーサタイルデバイスはテレスコピック!

デイスター バーサタイルデバイスは、他のデイスターロッドとは異なる、シリーズ初のテレスコピックロッド(振出ロッド)となります。型番のT――「CDS76L-CS/T」、「CDS80ML-CS/T」――はTelescopicのT。

しかし、ただのテレスコピック仕様のロッドではありません。

シーバスロッドとしてシマノの磯竿「ボーダレス(振出ロッド)」を愛用している泉裕文さん率いるコアマンが本気で作るテレスコピックロッドです!

泉裕文さん曰く「見た目にも触ってもテレスコ感は皆無。振り出しロッド感はまったくない」ロッドに仕上がっているそうです。

テレスコピックロッドは、シーバスロッドの主流である2ピースロッドよりも遙かに仕舞寸法が短く、コンパクトになるため、保管時、移動時に場所を取ることがありません。

なので、保管場所や車の都合でシーバスロッドを諦めていた方にとって、待望のロッドと言えるかもしれません。

また、短くした状態のときにラインをガイドに通しておけば、簡単に全てのガイドにラインを通すことが可能なのでとても楽。ただ、ロッドを伸ばしたときにガイドの位置を調整するのが多少面倒かなと思いますが。

デイスター バーサタイルデバイスもカーボンソリッドティップ

シーバスのバイトを弾くことなく乗せ、掛け、掛けたシーバスは確実に獲る!そのために、シーバスロッドよりも柔らかい磯竿――シマノ「ボーダレス」を愛用している泉裕文さん。

デイスター バーサタイルデバイスもまた、ボーダレスのようにシーバスのバイトを確実に乗せることができるノリの良さとバラシにくさ、そして水中の変化を捉え、シーバスのバイトを逃さない優れた感度を備えた「カーボンソリッドティップ」を採用しています。

ガイドは全てチタンフレームKガイド&SiCリング

コアマン デイスター「バーサタイルデバイス」の重さ

デイスター バーサタイルデバイスの重さ・自重はなんとアンダー100g!レングスが短いことを差し引いても、シーバスロッドとしては非常に軽量なロッドになっています。

少し不安になるくらいの軽さですね。

しかし、デイスター バーサタイルデバイスはこれだけ軽くてもシーバスロッドにカテゴライズされるロッドです。シーバスと戦える必要十分なパワーは備えているそうです。

なので、安心してシーバスフィッシングを楽しんでください!

スペック・発売日

製品名 全長 継数 ルアー ルアー(MA※) ライン 価格
CDS76L-CS/T 7’6″ 4 MAX 20g MAX 30g MAX 12lb 不明
CDS80ML-CS/T 8’0″ 4 MAX 30g MAX 40g MAX 16lb 不明

コアマン デイスター「バーサタイルデバイス」2機種の発売日は2016年夏を予定しているようです。

価格は現時点では不明ですが、昨年デイスター第1弾ロッドとして発売になった「アルカリダートスペシャル」と「アイアンプレートスペシャル」の価格が、アンダー4万円だったことから、「バーサタイルデバイス」も恐らく4万円以下であろうと思います。レングスも短いですし。

価格・詳細がわかりましたら追記したいと思います。

コアマン/COREMAN シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます