タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

サーキットバイブが遂にデプスから発売!基盤ボディの新型バイブを体感せよ!

     バス釣り用ルアー  

偏光かけてるのに今日は水中のラインがよく見えないなーと思っていたら、普通のクリアレンズのサングラスを掛けていたものです。こんばんは。

今回はdepsから遂に発売となった期待のNEWバイブレーション「CIRCUIT VIB(サーキットバイブ)」を紹介します。

スポンサーリンク

サーキットバイブ

サーキットバイブが遂にデプスから発売!基盤ボディの新型バイブを体感せよ!
クランクベイトのリップなどに使われるサーキットボード(基板)をボディに採用したNEWバイブレーション「サーキットバイブ」

ジャッカルからも「キーバーン」という基板ボディのバイブレーションがリリースされていますが、キーバーンが何となくエッジが効いたような形状だったのに対し、サーキットバイブは丸みを帯びているようなかわいい感じの形状をしています。

サーキットボードボディ

メタルよりも軽くて薄い0.8mmというサーキットボードボディを持つサーキットバイブは、アングラーの操作に対して非常に軽快なアクションレスポンスで答えてくれます。

リトリーブ時・リフトアップ時などにその素早い反応を体感することができると思います。

またフォール時にはスライドしたりスパイラルしたりしないため、ピンスポットを的確に撃つことができると共に、フックがラインに絡むことも少なく、1キャスト1キャストを無駄にしません。

2つのラインアイ

キーバーンのラインアイが1つだったのに対し、サーキットバイブは2つのラインアイを装備しています。

前側のラインアイは、タイトアクションで浮き上がりにくくレンジキープがしやすいラインアイとなります。

後ろ側のラインアイは、逆にワイドアクションで浮き上がりやすいため、移動距離を抑えたリフト&フォールやスローリトリーブにオススメのラインアイとなります。

サーキットバイブのフック

フックには市販品としては流通していないリューギ製のTCコートを採用したダブルフックが標準装備となっています。

TCコートが施されたリューギ製のフックが持つ貫通性能の高さは、プロ・アマ問わず非常に評判が良いので、交換する必要もなく、安心して使用することができると思います。

サーキットバイブのカラー

サーキットバイブのファーストカラーラインナップは8色。

ブルーギル、レッドギル、マスタードギル、メタルケタバス、氷魚、ワカサギ、クロキン、クラウン

個人的にはマスタードギル、メタルケタバス、クロキンあたりが特に好みです。でもどれもキレイな色ばかりで迷っちゃいますね。

スペック

ウエイト別に3種類のラインナップが予定されていますが、今回発売になったのは3/8ozのみとなります。

製品名
サーキットバイブ
全長
47mm
自重
1/4oz、3/8oz、1/2oz
価格
950円

明日から暦の上では春となりますが、まだまだこの手のバイブレーションが活躍してくれる時期。早春のビッグバスをサーキットバイブで狙ってみてはいかがですか?

個人的にも1つ買ってビッグフィッシュを釣りたいと思います!

デプス/deps ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます