タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

DフロッグとDポッパーフロッグの使い分け・タックルを動画で解説

     バス釣り用ルアー, 動画  

DフロッグとDポッパーフロッグの使い分け・タックルを動画で解説

ダイワから一昨年、昨年とリリースされたフロッグ「Dフロッグ」&「Dポッパーフロッグ」

この2つのフロッグはどこが違うのか?どう使い分ければいいのか?バスマスターエリートシリーズに参戦中の宮崎友輔プロが、2つのフロッグの使い分け、使うタックルを実釣を交えながら解説してくれる動画を紹介します。

スポンサーリンク

DフロッグとDポッパーフロッグの使い分け・タックルを動画で解説

リールも使い分けるDフロッグとDポッパーフロッグ

宮崎友輔プロはDフロッグとDポッパーフロッグを使うとき、ギア比の異なるリールをセレクトしています。

カバーの奥・濃いところを狙うときに使うというDフロッグの場合は、ギア比が7.3:1のジリオンTW 1516SH。これは込み入ったカバーからバスをパワフルに引き剥がすためにセレクトしているそうです。

カバーの外側を狙うときに使うというDポッパーフロッグの場合は、ギア比が9.1:1のジリオンTW 1516XXH。こちらはカバーから素早く引き離すために巻き取りスピードを重視してセレクトしているそうです。

皆さんもこの動画を参考に迫力あるフロッグゲームを楽しんではいかがでしょうか?

DフロッグとDポッパーフロッグのスペック

Dフロッグ

製品名
Dフロッグ
全長
60mm
自重
17g
価格
1,180円

Dポッパーフロッグ

製品名
全長
65mm
自重
14g
価格
1,180円

ダイワ/DAIWA ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます