タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

アピア新作「ドーバー120F&ラックV」の特徴を動画で解説!

2015年、ダイワとのコラボによって生まれるメーカー初のスピニングリール「ベンチュラ」やモデルチェンジとなるロッド「NEWフージンAD」といった大物製品の発売を予定している”APIA(アピア)”

今回はそんなアピアから2015年春に発売予定の新作ルアー「DOVER120F(ドーバー120F)」と「LUCK-V(ラックV)」について、松尾道洋さんが解説する動画を紹介します。

スポンサーリンク

ドーバー120F&ラックV

動画


松尾道洋さんによる解説動画です。

ドーバー120F

  • アピア新作「ドーバー120F&ラックV」の特徴を動画で解説!

2014年、1年間アピアスタッフ達が最も時間を費やしたというリップ付きのフラットサイドミノー「ドーバー120F」。アクションはウォブルがやや強めのウォブンロールアクション。

ルアーネームはイギリスとフランスを隔てる”ドーバー海峡”に由来し、ドーバー海峡の激しい流れの中でも安定した威力を発揮するルアーにという意味が込められているそうです。

ドーバー120Fはランカーにも対応するルアーとなっており、120mmサイズで2フック仕様なのもそのためです。フックはカルティバST-46 #3が標準装備となっていますが、サイズを1番手上げてもルアーの威力を損なうことはありません。

ラック

鉄板ではないバイブレーション「ラックV」。メタルよりもボディが軽い樹脂製ボディのラックVは、アクションレスポンスに優れ、スローリトリーブでもしっかりとアクションしてくれるバイブレーションになっているそううです。

アピア/APIA シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます