タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

Dスパイカー(ディスタイル)のアームがスピナーベイトを変える!

     バス釣り用ルアー, 動画  

日本でスピナーベイトといえば、「エバーグリーン Dゾーン」、「デプス Bカスタム」、「OSP ハイピッチャー」、「ノリーズ クリスタルS」あたりが、よく名前が挙がる定番のスピナーベイトかと思います。

しかし、2016年、それら4つの定番の中に割って入る可能性を秘めたスピナーベイトが発売を迎えます。

今回はそんな定番の牙城を崩すかもしれないスピナーベイト――DSTYLE(ディスタイル)初のスピナーベイト「D-SPIKER(ディースパイカー)」を紹介します。

スポンサーリンク

DSTYLE「Dスパイカー」

Dスパイカーの魔法が人生を変える!ディスタイル初のスピナーベイト
今や国内最強のトーナメンターといっても過言ではない青木大介プロプロデュースとなるスピナーベイト「Dスパイカー」。ただのスピナーベイトではありません。

Dスパイカーは従来のスピナーベイトとは全く異なる、ジョイントタイプのアッパーアーム(可動式アーム)を備えたスピナーベイトになっています。

あまり見ないタイプのスピナーベイトだけに、ギミック勝負・インパクト勝負かと思ってしまうところですが、勝負師 青木大介プロが作るルアー、そんなわけがありません。

青木大介プロは自著「適材適所のルアーセレクト」で

『できるだけ多くのバスが釣りたい、トーナメントで勝ちたいという思いがまずあって、そのために必要な道具であればどんなルアーも使う。「このルアーで釣ったらカッコいい」みたいなモチベーションは皆無だ』

引用:適材適所のルアーセレクト P112

こんな風に語る人物。アングラーを馬鹿にしたようなルアーを作るはずがありません。

DSTYLEの他のルアー達がそうであるように、Dスパイカーもまたブラックバスを釣るために、トーナメントで勝つために考案され、開発されたスピナーベイトなのです。

既にその性能を裏付けるように、Dスパイカーは結果――青木大介プロの「バサーオールスタークラシック2015」制覇の原動力に――を残しています。

それでは、前置きが長くなりましたが、Dスパイカーの可動式ワイヤー、ブレードなどの秘密を探っていきましょう

可動式アームがDスパイカーを高みへ誘う

DSTYLE「Dスパイカー」の可動式アーム
スピナーベイトの性能を高めようと突き詰めていった結果、生まれた可動式アーム採用の「Dスパイカー」

Dスパイカーは(ブレードを搭載した)アーム部――可動式アームが、従来のスピナーベイトよりも自由に動くことによって、着水した瞬間からブレードが(水の中にある限り)回転し続け、真っ直ぐ泳がせることを可能にしています。

更に可動式アームはフリーフォールさせたときには、折れ曲がることによって、

DSTYLE「Dスパイカー」はフォール姿勢も安定
安定した姿勢でフォールさせることを可能にしています。もちろん、ブレードはフォール中も綺麗に回転し続けるそうです。それはカーブフォールであっても、浮き上がるときでも、ガーグリングでも、バジングでも同様です。

そんな素晴らしいDスパイカーの可動式アームですが、可動域を広げすぎるとブレードがフックに絡んだりとトラブルが発生したため、ジョイント部にプラスチックパーツを取り付けることによって動きを制限し、トラブルの発生を防ぐ工夫が施されています。

Dスパイカーの遠投性能・フッキング性能

Dスパイカーの可動式アッパーアームが効果を発揮するのはスイミング中、フォール中だけではありません。キャスティング時、フッキング時にも優れた効果を発揮します。

スピナーベイトはパーツが多くキャスティング時に抵抗を受けやすいルアーですが、Dスパイカーはアッパーアームが折れ曲がることによって、クルクルと扇風機の羽根のように回転してしまうことを抑制し、飛行姿勢を安定させ、飛距離を稼いでくれます。

また、スピナーベイトのスナッグレス性能を高めるロアアームとアッパーアームですが、バイト時にフッキングを妨げてしまうことがあります。しかし、Dスパイカーは可動式アッパーアームがバイト時に折れ曲がることによって、フッキングを助けてくれます。

よく回るブレード

Dスパイカーの特徴は可動式アームだけではありません。一見普通のウィローリーフブレードに見えるブレードも、Dスパイカーだけの特別なブレードになっています。

DSTYLE「Dスパイカー」の極薄ブレード
Dスパイカーはブレードを常に回転させ続けるために、極薄かつ水を掴みやすい形状を採用しています。このブレードは可動式アームと組み合わされることによって、高い性能を発揮するのです。

Dスパイカー解説動画


青木大介プロによるDスパイカーの解説動画です。

フック・アシストフック

Dスパイカーのフックには青木大介プロがサポートを受けるFINA(フィナ)製のフックが採用されているようです。

ただ、FINA製のフックと可動式アッパーアームによるフッキング性能には自信を持っているようですが、1尾が展開を大きく左右するトーナメントを戦う青木大介プロは、アシストフックを付けることが多いようです。

Dスパイカーのカラー

Dスパイカーのファーストカラーラインナップは8色。

ワカサギ(シルバー/シルバー)
ブラウンシャッド(ガンメタ/ガンメタ)
ブラックブルーバック(ガンメタ/ガンメタ)
ギル(シルバー/ガンメタ)
アユ(シルバー/ゴールド)
パールブラック(ガンメタ/シルバー)
チャート(ゴールド/ゴールド)
キンクロ(ゴールド/ゴールド)

括弧内はブレードの色(前/後)

個人的にはブラックブルーバック、チャートあたりが欲しいですね。

スペック・発売日

製品名 Dスパイカー
サイズ 3/8oz , 1/2oz
価格 1,350円

発売は2016年4月頃を予定しているようです。

スピナーベイトに苦手意識がある方、スピナーベイトでまだ釣ったことがない方、Dスパイカーでスピナーベイトの楽しさを知ってみてはいかがでしょうか?バスフィッシング人生が、スピナーベイト人生が変わるかもしれませんよ?

ディスタイル/DSTYLE ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます