タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ニンジャスイマー180Fはシャロークランクと思って使え!デュエル発

     バス釣り用ルアー, 動画  

ニンジャスイマー180Fはシャロークランクと思って使え!デュエル発

ボクシングの山中慎介選手の試合、ヒヤリとする場面がありましたね。これで与し易しと思ってくれて、ビッグマッチに繋がればいいのですが。こんばんは。

今回はDUEL(デュエル)から新発売のリップ付きジョインテッドビッグベイト「HARDCORE NINJA SWIMMER 180F(ハードコア ニンジャスイマー180F)」を紹介します。

スポンサーリンク

デュエル「ニンジャスイマー180F」

ニンジャことセンドウタカシさんプロデュース最新作となる「ニンジャスイマー180F」全長180mm、自重62g(約2.19oz)、潜行深度0~1.2m+αのリップ付きビッグベイトです。

ワイドスクエアリップ&セミフラットボディ

ニンジャスイマー180Fはシャロークランクと思って使え!デュエル発_002
ニンジャスイマー180Fはボディからはみ出るほどのワイドなスクエアリップと高い浮力を有したジョイントボディを持ったビッグベイトになっています。

そのため、ニンジャスイマー180Fは非常に優れた障害物回避性能を備えており、根掛かりを恐れることなく、攻めることができます。

また、ニンジャスイマー180Fのボディはサイドがセミフラットになっており、180mmという存在感に加えて、フラットサイドだからこその強い水押しとフラッシングによる強烈なアピールによって、遠くのバスや深いところにいるバス、カバーの奥に潜むバスを引っ張ってくることを可能にします。

更にニンジャスイマー180Fはボディの背中とお腹もあえてフラットにしていて、浮力を調整する板重りや視認性を高めるためのマーカーを張りやすくしています。

ニンジャスイマーの使い方

ビッグベイトとなると大きさ的に価格的に、構えてしまう、気負ってしまう。特別なルアーとして捉えすぎてしまって上手く扱えない、なんてことがあるかもしれません。

でも、そんな構える必要も気負う必要もなく、ニンジャスイマー180Fを使うときは「大きなシャロークランク」だと思って使えばいい、とニンジャは語っています。

なので、ニンジャスイマーを使うときは、大きなリップと高い浮力を備えた大きめのクランクベイトだと思って、カバーに当てたり、カバーの周りを巻いたり、ウェイクベイトのように水面を引き波を立てながら巻いたり、普通にただ巻くだけでOKです。

それだけでニンジャスイマーの存在感に負けないビッグバスを連れてきてくれる、かもしれません。もちろん、ダイブさせたり、首を振らせたり、デッドスティッキングで使ったりするのも良しです。

ニンジャスイマー動画

カラー

ニンジャスイマーのファーストカラーラインナップは10色。

ゴールドアユ
ホロシャッド
ウグイ
ゴールデンシャイナー
ブルーバックチャート
メタリックゴーストアユ
レインボートラウト
ギザードシャッド
ボーン
シャッド

キラキラとしたフラッシングの強そうなカラー、ナチュラルなカラー、クリア系カラーまで揃っています。

スペック・発売日

製品名 ニンジャスイマー180F
全長 180mm
自重 62g
タイプ フローティング
フック #1
リング #5
価格 オープン

発売日は2016年3月上旬。早いところでは既に店頭に並んでいるショップもあるようです。

ニンジャスイマー180Fでビッグバスを攻略してはいかがでしょうか?

デュエル/DUEL ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます