タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

デュオ「ペンシルポッパー110」でシーバス攻略!使い方・特徴を実釣解説

デュオ「ペンシルポッパー110」でシーバス攻略!使い方・特徴を実釣解説_001

DUO(デュオ)のハードコアブランド「ROUGH TRAIL(ラフトレイル)」シリーズから新発売の、シーバスから青物まで対応するトップウォータープラグ「PENCILPOPPER110(ペンシルポッパー110)」

今回はそのラフトレイル ペンシルポッパー110を使って、九頭竜川のシーバスを攻略する動画を紹介します。

スポンサーリンク

デュオ「ラフトレイル ペンシルポッパー110」

デュオ「ペンシルポッパー110」でシーバス攻略!使い方・特徴を実釣解説_002
究極のターゲットを追い求めるアングラーに送るヘビーデューティーなトップウォータープラグ「ラフトレイル ペンシルポッパー110」

サイズは全長110mm、自重17g。ラフトレイルシリーズとしては最も小さく、最も軽いルアーながら、ペンシルポッパー110は空気抵抗を考えたボディ形状とボディ最後方に成形ウエイトを配置することによって、飛行姿勢を安定させ、サイズ以上の飛距離を叩き出すことが可能。

浮き姿勢は垂直に近く、カップの2/3ほどが水面に出ているだけで、ボディのほとんどが水中にあるという高比重設定になっており、ペンシルポッパータイプならではのスプラッシュを飛ばしながらの移動距離を抑えたアクション、流れの中でもしっかりとしたアクションが可能です。

また、ラダー構造と貫通ワイヤーを採用することによって、シーバスはもちろん、磯でのヒラスズキやオフショアの青物にも対応する非常に高い強度を備えています。

それでは、ペンシルポッパー110の実釣解説動画を見てみましょう!

デュオ「ペンシルポッパー110」で九頭竜川のシーバスを攻略!使い方・特徴を実釣解説


デュオ「ラフトレイル ペンシルポッパー110」の使い方や特徴を実釣を交えながら解説してくれる動画です。

舞台は福井県嶺北地方を流れる一級河川 九頭竜川。先日紹介したアイマ「コスケ110F」と同じロケ地ですね。

アングラーはその九頭竜川をホームに活躍しているデュオプロスタッフ 大平正満さんです。

水面が激しく割れるエキサイティングな夏のトップウォーターゲームは必見!

カラー

ペンシルポッパー110のファーストカラーラインナップは10色。

サラシイワシRB
ドラド
キビナゴRB
レッドヘッド
マイワシ
ピンクバックⅡ
スレサヨリ
スレボラⅡ
アユ
パールチャートⅡ

スペック

製品名 ラフトレイル ペンシルポッパー110
全長 110mm
自重 18g
タイプ フローティング
フック #4X
価格 1,600円

皆さんも大平正満さんのように、ペンシルポッパー110でトップウォーターゲームを楽しんではいかがでしょうか?

デュオ/DUO シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます