タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

イージーシェイカーでロボワームに挑む!ケイテック発のストレートワーム

     バス釣り用ルアー, 動画  

スイングインパクトがバスフィッシングの本場アメリカのトーナメントを席巻し、日本でもメイドインジャパンらしい、林圭一さんらしい丁寧な作りと性能が高い評価を受けているメーカー「KEITECH(ケイテック)」

今回はそんなケイテックがハンドポワードの雄「ロボワーム(のストレートテール)」のライバルになれるようにと送り出す注目のNEWストレートワーム「Easy Shaker(イージーシェイカー)仮称」を紹介します!

スポンサーリンク

ケイテック「イージーシェイカー」

イージーシェイカーでロボワームに挑む!ケイテック発のストレートワーム
ケイテックが送る新しいストレートワーム「イージーシェイカー」は、ハンドポワード製のワームに負けない、しなやかで艶めかしいナチュラルなアクションが、アングラーがこう動かしたいというイメージを表現できる形状とボリュームを併せ持つワーム、として開発されたストレートワームです。

そんなイージーシェイカーを見て、まず目に付くのが水噛みの良さそうな、グリグリと指で弄りたくなるようなリングボディ。ヘッドとテール付近は浅く、ボディ中央に行くに従って深くなっています。

これはボディ形状がヘッドからテールに行くにつれて徐々に細くなっていく形状のためだと思われます。

ただ、ボディのボリュームというか太さというか高さ自体はヘッドからボディ中央部あたりまではそれほど変わらないように見えます。しかし、ボディの芯部自体は確実に細くなっていっているため、ボディ自体の太さは変わらないように見えても、リング部は深くなっています(たぶん)。

この拘りの形状と素材の柔らかさなどによって、イージーシェイカーはアングラーの入力に素直に応え、アングラーの理想のアクションを引き出すことを可能にします。

イージーシェイカーの使い方はダウンショットリグがベスト?

イージーシェイカーはダウンショットリグで使用したときのアクションや使い心地を追求したワームとなります。

そのため、ダウンショットリグで使用したとき、ステイ中などにワームがダラ~ンと垂れ下がってしまわないように、常に水平姿勢を保てるようにノンソルト素材が採用されているようです。

個人的にはダウンショットリグだけでなく、インチワッキーリグ(ジグヘッドワッキー)、ネコリグ、キャロライナリグなどにも良さそうかもと思います。

イージーシェイカーは耐久性も

イージーシェイカーはノンソルト素材を採用することによって、必然的に針持の良いワームに仕上がりそうです。これはユーザーにとってはうれしい点です!もちろん釣れるワームであることが大前提ですけど。

それではイージーシェイカー(仮称)のアクションとロボワームのストレートテールのアクションを動画で比較してみましょう!

イージーシェイカー&ロボワームの水中アクション動画

上がイージーシェイカー、下がロボワームの動画となります。

イージーシェイカー


マスバリで使用してもテールが垂れ下がったりすることなく、弱いロッドアクションにもレスポンス良く反応し、ボディ全体で応えているように見えます。

ロボワーム

ボディの形状、フックの種類・サイズ、リーダーの長さ、シンカーの重さが異なるため、単純に比較することはできませんが、ロボワームもかなりしなやかなアクション。

カラー

イージーシェイカーのファーストカラーラインナップは13色。

グリーンパンプキンペッパー
アユ
グリーンパンプキンシャート
シルバーフラッシュミノー
ゴールドフラッシュミノー
ブルーギルフラッシュ
プロブルーレッドパール
サイトフラッシュ
セクシーシャッド
エレクトリックシャッド
モーニングドーン
エレクトリックベイビーバス
エレクトリックブルーギル

個人的にはグリーンパンプキンシャート、モーニングドーン、エレクトリックブルーギルあたりが欲しいですね。

イージーシェイカーのスペック・発売日

製品名 イージーシェイカー
全長 3.5インチ / 4.5インチ
入数 12本 / 10本
価格 520円

価格は10本(12本)入り520円と、近年のワームでは考えられないくらいリーズナブル!

発売日は3.5インチと4.5インチが2016年3月上旬頃。他にも2.5インチ、5.5インのサイズ展開も予定されていますが、こちらは発売日は未定です。

ケイテック/KEITECH ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます