タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

エラディケーター・ベイトフィネスカスタムエアー誕生!これがフラッグシップだ!

     ロッド  

アブガルシアのSWライトゲーム用?ロッドのフラッグシップモデルとなる「Eradicator(エラディケーター)」シリーズ

今回は2015年秋、エラディケーターシリーズに待望の追加となる「Eradicator Baitfinesse Custom Air(エラディケーター・ベイトフィネスカスタムエアー)」を紹介します!

スポンサーリンク

アブガルシア「エラディケーターベイトフィネス カスタムエアー」

エラディケーター・ベイトフィネスカスタムエアー誕生!これがフラッグシップだ!_001
「エラディケーターベイトフィネス カスタムエアー」は名前からわかるように、エラディケーターシリーズ初のベイトキャスティングロッドにして初のSWベイトフィネスロッドです!

名前が長すぎる上にどこで区切ったらいいのかわからない、という店頭で店員さんに尋ねるときや友人に紹介するときに苦労しそうなロッドです。そうでもない?どうでもいい?

ちなみに名称の区切る場所は、公式ページの製品説明によると

エラディケーター・(ここ?)ベイトフィネスカスタムエアー

のようです。

でもページタイトルではエラディケーターベイトフィネス(ここ)カスタムエアーで区切っているため、正式にはよくわかりません。

個人的にはつい「エラディケーター ベイトフィネスカスタム」と読んでしまって、残った「エアー」の扱いに困っています。

エラディケーターベイトフィネス カスタムエアーは最新のガイドシステム

アブガルシアが誇るネジレを排除し、ブランクのパワーを余すことなく発揮するアクシャルカーボン――4軸カーボンテープラッピング――が採用されている「エラディケーターベイトフィネス カスタムエアー」。

ガイドセッティングもフラッグシップモデルらしい最新のガイドが組まれています。

感度を重視したというマイクロガイドシステムにはチタンフレーム+トルザイトリングを採用。更に軽さと感度だけでなく、マイクロガイドシステムを採用しても飛距離が問題にならないようにバットガイドにはリバースガイド(逆付けガイド)を採用しています。

このリバースガイド(RVガイド)の採用によって、放出されたラインがガイドフットに当たることを抑制し、飛距離が落ちることを防いでくれそうです。

リールシートには軽量なFujiのスケルトンシートを初採用!軽く握れることによって感度の向上が期待できるリールシートです。

エラディケーターベイトフィネス カスタムエアーはアンダー100gを実現した超軽量ロッド!

軽量・高感度なパーツが使われている「エラディケーターベイトフィネス カスタムエアー」は、3機種のラインナップ全てがアンダー100gという軽量なロッドに仕上がっています。

EBFC-611ULT-TZ – Faster Beat:88g
EBFC-75MLS-TZ – Death Xross:88g
EBFC-710LT-TZ – Complete Air:95g

エラディケーターベイトフィネス カスタムエアーのスペック

エラディケーター・ベイトフィネスカスタムエアー誕生!これがフラッグシップだ!
3機種のうち「EBFC-75MLS-TZ – Death Xross」はベイトフィネスシリーズ唯一ソリッドティップ――高弾性ショートソリッド――を採用したロッドとなります。そのため3機種の中で最もパワーのあるバットを持ちながら、軽量なリグを軽快に操作し、少しの変化を捉えることができる繊細さも兼ね備えているそうです。

3機種ともに発売は2015年10月下旬を予定しているようです。

シーバス、チヌ・キビレ、ロックフィッシュ、エギングなど幅広いターゲット、釣りに対応するエラディケーター・ベイトフィネスカスタムエアーで、SWベイトフィネスを楽しんではいかがでしょうか?

個人的にはEBFC-75MLS-TZも気になりますが、買うならEBFC-710LT-TZかなーと思います。

アブ・ガルシア ピュアフィッシング シーバス アジング・メバリング チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます