タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

シマノ「エクスセンス クー 70F/100F」の使い方・タックルを実釣解説

シマノ「エクスセンス クー 70F/100F」の使い方・タックルを実釣解説

今回はSHIMANO(シマノ)が送る新しいシーバス用ペンシル「EXSENCE COO 70F/100F XAR-C(エクスセンス クー 70F/100F XAR-C)」を、使い方やオススメタックルを解説してくれる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

シマノ「エクスセンス クー 70F/100F」

アンダー10cmを、シャローレンジを攻略するために開発された「エクスセンス クー 70F/100F」。シンキングではなくフローティングタイプのペンシルです。

そのため、エクスセンス クーはロッドの上げ下げやリーリングスピードの調整などによる繊細なレンジコントロールを必要とせず、誰でも簡単に投げて巻くだけでシャローレンジを引くことが可能です。

XAR-Cシステム

エクスセンス クーのボディには、シマノが新しく開発した発泡素材「AR-C SHELLL」が採用されており、軽量かつ高い浮力を得たことによって、素早い立ち上がりとデッドスローでもしっかりとしたアクションを実現。スイミング姿勢はやや頭下がり。

また重心移動システム「AR-C重心移動システム」の採用によって、全長70mm/自重7gの70Fで40m全長100mm/自重10gの100Fで53mの飛距離を記録。

エクスセンス クーはAR-C SHELLLとAR-C重心移動システムを組み合わせた「XAR-Cシステム(クロスエーアールシーシステム)」により、優れた泳ぎと遠投性能を両立を実現したようです。

それでは実際の水中でのアクションと使い方、オススメタックルを動画で確認してみましょう。

使い方・オススメタックルを解説


エクスセンス クーの使い方や特徴を解説してくれるのは嶋田仁正さんです。

ロッド&リール

嶋田仁正さんがエクスセンス クーを使うときにオススメするタックルは感度の良いタックル。

軽量なものの方が変化を感じ取りやすいということで、ロッドにはNEWエクスセンスシリーズよりも軽量なNEWルナミス、リールは16ヴァンキッシュを組み合わせているそうです。ラインもなるべく細いライン(PEライン)がオススメとのこと。

カラー

エクスセンス クーのファーストカラーラインナップは、シマノらしい10色。

エクスセンス クーのカラー
カガヤキマイワシ
ハデイワシキャンディ
レンズボラ
カガヤキカタクチ
カガヤキレッドヘッド
レンズグリーンシャイナー
レンズパールチャート
パールギーゴ
ピンクヘッドブラック
アカキンハイライト

個人的にはレンズパールチャートあたりが好みです。

スペック

製品名 全長 自重 タイプ 価格
エクスセンス クー 70F 70mm 7g フローティング 1,850円
エクスセンス クー 100F 100mm 10g フローティング 2,000円

発売はエクスセンス クー 70Fが2016年3月、100Fは絶賛発売中です。

これまでシンペンでは上手くシャローを攻略できなかったという方は、エクスセンス クーを試してみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます