タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

シマノ「エクスセンス エスクリム」――X AR-Cシステム新採用!

     シーバス・ショア用ルアー  

シマノ「エクスセンス エスクリム」――X AR-Cシステム新採用!

シマノからX AR-C(クロスエーアールシー)システムを新採用したシーバス用スリムミノー「EXSENCE ESCRIME(エクスセンス エスクリム)99F/119F/139F X AR-C」が新登場です!

スポンサーリンク

エクスセンス エスクリム

シーバス釣行時に1つは持って行きたいスリムタイプのミノー――エクスセンス エスクリム。新たにX AR-Cシステム(AR-C SHELL+AR-C 重心移動システム)を採用。

サイズは99mm、119mm、139mmと通うフィールドやベイトフィッシュに合わせて選ぶことができる3種類。

X AR-C

バネ制御によってオートマチックにウエイトを移動し、圧倒的な飛距離と固定重心並みの安定した泳ぎを実現した”AR-C 重心移動システム”

そのAR-C 重心移動システムが誕生してから4年。更に飛距離を伸ばすことが考えられていました。しかし、重心移動のウエイトを増やせば当然重くなり、これまでのボディでは飛距離は伸びたとしても泳ぎが鈍くなり、更に浮力を確保することが難しくなってしまいます。

そこで新たに開発されたのが発泡成形の”AR-C SHELL”です。

ボディの樹脂内部を発泡化することで、軽量化と浮力の高さを実現。これによってウエイトを増量してもキレのあるアクション――メーカー曰くバルサミノーのような――と浮力の確保に成功したのです。

そしてこのAR-C SHELLとAR-C 重心移動システムの組み合わせをX AR-C(クロスエーアールシー)システムと呼びます。

遠投テスト

X AR-Cシステムを採用したエスクリム139Fと従来の素材とAR-C重心移動システムの組み合わせを採用したものとで遠投テストを行った結果、平均飛距離で約12mの差が付いたようです。

平均飛距離
従来の素材とAR-C重心移動システム:51.2m
X AR-Cシステム:63.2m

その差は歴然。圧倒的ですね。

発売は2014年9月を予定。

スペック

製品名
エクスセンス エスクリム
全長
99mm/119mm/139mm
自重
9g/14g/18g
タイプ
フローティング
価格
2,200円/2,350円/2,500円

シマノ/SHIMANO シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます