タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

NEWエクスセンス S1000MH/R ワイルドコンタクトを実釣インプレ

     シーバスロッド, 動画  

NEWエクスセンス S1000MH/R ワイルドコンタクトを実釣インプレ_002
新生「K-1 WORLD GP」がけっこう面白いです。本来の階級よりも重い階級かつ首相撲禁止のルールで戦いながら、他を寄せ付けない圧倒的な強さを見せるゲーオの凄さにはただただ驚くばかりです。こんにちは。

今回はシマノシーバスロッドのフラッグシップ NEWエクスセンス「S1000MH/R – Wild Contact 1000(ワイルドコンタクト1000)」の実釣インプレ動画を紹介します。

スポンサーリンク

NEWエクスセンス「S1000MH/R ワイルドコンタクト1000」

NEWエクスセンス S1000MH/R ワイルドコンタクトを実釣インプレ_001
2014年秋に待望のフルモデルチェンジとなったNEWエクスセンスシリーズ。その中でも松岡豪之さんプロデュースとなる1本――ワイルドコンタクト1000はシリーズ最長のレングスとパワーを持つモデルです。

ワイルドコンタクト1000は新たに軽量なトルザイトリング(チタンフレームKガイド、バットはRVガイド)やNEWエクスセンスのために新開発されたエクスフィットシートCI4+などを採用し、前モデルから8gの軽量化(自重170g→162g)を実現。実際にロッドを握ったときには持ち重りも軽減され、数字以上に軽く感じる仕上がりとなっているようです。

またそれによってキャストフィールやキャスタビリティー、操作性が大幅に向上。10フィートというレングスながら、9フィート台のロッドを操っているような感覚を得られるロッドなんだとか。

適合ルアーは8~45gまでとシーバスゲームで多用されるルアー――ミノー、シンペン、バイブレーションなど――に幅広く対応。ただ、松岡豪之さんが使いやすいと感じているのは20~30gくらいのルアーだそうです。

それではワイルドコンタクト1000の実釣インプレ動画を見てみましょう!

実釣インプレ動画

ワイルドコンタクト1000をプロデュースする松岡豪之さん自身による実釣&解説動画です。購入を検討している方はぜひご覧になってはいかがでしょうか?

実釣編

解説編

スペック

製品名 S1000MH/R
全長 3.05m
継数 2
仕舞寸法 156.3
自重 162g
先径/元径 1.9/14.2
ルアー 8-45g
PEライン 0.8-2.0号
価格 65,600円

シマノ/SHIMANO エクスセンス シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます