タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

フラッシュJクローがヤバすぎ!誰でも簡単にフラッシング!

     未分類  

村上春樹さん残念でしたね。でも来年もまたこの話題で盛り上がることができるので、これはこれで悪くないんじゃないですか(笑)こんばんは。

今回はFish Arrow(フィッシュアロー)から発売予定のNEWワーム「Flash-J Craw(フラッシュJクロー)」を紹介します!

スポンサーリンク

フィッシュアロー「フラッシュJクロー」

ベイトフィッシュライクなリアルな見た目に、アルミホイルインサートチューン――ボディにアルミホイルを内臓――によるフラッシングが特徴的なワーム「フラッシュJ」シリーズ。

フラッシュJシリーズといえば、ピンテールのフラッシュJに始まり、シャッドテールのフラッシュJシャッド、ハドルテールのフラッシュJハドル、スプリットテールのフラッシュJスプリットなど数々の派生モデルを生み出したフィッシュアローを代表するルアーです。

そんなフラッシュJシリーズにまさかまさかのクロー系ワーム「フラッシュJクロー」が新たに仲間入りになるようです!

クローにアルミホイル

フラッシュJの名を冠していても、これまでのフラッシュJシリーズとは一線を画すタイプのワームとなりそうなフラッシュJクロー。

なぜならフラッシュJクローはクロー系ワームであり、フラッシュJの代名詞とも言えるあのリアルな小魚のようなボディを採用した派生モデルではなさそうだからです。

ではどこがフラッシュJなのか?その秘密はフラッシュJクローをフラッシュJクローたらしめることになるパーツ――クローにあります。

フラッシュJクローがヤバすぎ!誰でも簡単にフラッシング!
フラッシュJクローはこれまでのフラッシュJとは異なり、ボディではなく、クロー内部にアルミホイルを内臓したワームとなるかもしれません。

つまり、フラッシュJクローはただスイミングさせるだけで、フォールさせるだけで、クローが勝手にバタバタとアクションし、その動きに加えてフラッシュJの特徴であるフラッシング効果が期待できるワームとなりそうなのです。

まーベイトフィッシュライクなボディからニョキニョキとザリガニの爪のようなパーツが生えているのも面白いとは思いますが(笑)

なので、フラッシュJクローはブラックバスだけでなく、ロックフィッシュやチヌ・キビレにも効果的なルアーになるかもしれません。

ただ、現時点ではどのようなデザインになるかは正式には決まっていないため、もしかしたら変更になるかもしれません。

スペック・発売日

製品名 フラッシュJクロー
全長 不明
入数 不明
価格 不明

エアークラッシュクロー以来のフィッシュアロー発のクロー系ワームとなりそうな「フラッシュJクロー」。スペックと発売日も現時点では不明ですが、楽しみなワームです。

ただ、フラッシュJシリーズですから高そうですね。

フィッシュアロー/Fish Arrow ブラックバス アジング・メバリング ロックフィッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます