タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

フロートリグ仕掛けの使い方を黒原祐一が解説&実釣(動画あり)

     フック・シンカー, 動画  

アジング・メバリングなどのライトゲーム定番リグの1つであるフロートリグ。軽いリグ(ジグヘッドなど)を遠くのポイントまで届けることができ、またスローに誘うことができる便利なリグの1つです。

今回はそんなフロートリグの使い方を、アルカジックジャパン ブランドビルダー黒原祐一さんが解説&実釣する動画を紹介します。

スポンサーリンク

フロートリグ×メバリング

解説動画

フロートリグの仕掛け

今回、黒原さんがフロートリグ用に使用したフロートは「ぶっ飛びロッカーⅡ」です。アルカジックジャパンから2015年新発売となる中通しタイプのフロートとなります。

ラインシステムはメインラインがPEラインの0.4号。フロートを通す部分のリーダーにはフロロカーボンラインの6lbを1ヒロ。そしてその先にはスイベルを介してフロロ4lbを50~60cm付けています。

PEライン0.4号――フロロ6lb(フロート)――スイベル――フロロ4lb(ジグヘッド)

フロートリグの使い方

フロートリグの使い方としてはスローリトリーブやストップ&ゴー、チョンチョンとロッドアクションを加えてスローにフォールさせたりが基本になるかと思います。

今回、黒原さんはフロートを動かさない程度にルアーをチョンチョンチョンとリフトしてメバルを誘い、フォールで喰わせるといった使い方をしていました。

動画ではアクションの様子も公開されていますのでぜひそちらでご確認ください。

皆さんもこの動画を参考にフロートリグでメバル等を狙ってみてはいかがでしょうか?

アルカジックジャパン アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます