タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

Fシステム(釣り)の作り方・操作方法を実釣解説!アジ・メバル対応フロート(動画)

     フック・シンカー, 動画  

Fシステム(釣り)の作り方・操作方法を実釣解説!アジ・メバル対応フロート(動画)

アルカジックジャパン ブランドビルダー藤原真一郎さん考案の3点フロートリグシステム通称Fシステム。アジングやメバリングにオススメのリグの1つです。

今回はFシステム専用設計のフロート「シャローフリーク」と新作ワーム「ウミゲラ」を使ったFシステムでアジ・メバルを狙う動画を紹介します。

スポンサーリンク

Fシステムで狙うアジ・メバル


動画ではFシステム考案者である藤原真一郎さん自身が実釣を交えながら、Fシステムの特徴・操作方法を解説しています。

Fシステムとは?

3点フロートリグシステム通称Fシステムは、PEラインとショックリーダーを結束したときにできる、本来なら切ってしまうリーダーの支線部にシャローフリーク(フロート)を取り付ける次世代フロートリグシステムです。

フロートをリーダー支線部に取り付けるFシステムは、ジグヘッド単体の操作性を失うことなく、感度を損なうことなく、飛距離を稼ぐことが出来ます。

そのため軽いジグヘッド単体やスプリットショットリグでは届かない、でも重いジグヘッド単体等では喰ってこない、そんなときに大活躍してくれるリグとなります。

Fシステムの作り方

Fシステム(釣り)の作り方・操作方法を実釣解説!アジ・メバル対応フロート(動画)_001
Fシステムの作り方は簡単です。まずはPEラインとショックリーダーをFGノット(またはWWノット)で結束します。そしてリーダーの支線部にシャローフリーク(フロート)を取り付ければもう完成です。

シャローフリークを取り付けるリーダー支線部は10~15cmとなります。そのため結束時に少し長めにリーダー支線部ができるようにした方が良いでしょう。

リーダーの長さは60~100cm、メバルを狙うときはアジよりも短い60cmを基準に設定するそうです。ジグヘッドは0.4を基準に1gまで。ただし、動画後半に出てくるパラシュートモードで使用する場合は1g以上も使用します。

皆さんもこの動画を参考にFシステムでライトゲームを楽しまれてはいかがでしょうか?

アルカジックジャパン アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます