タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ゲーリー「ヤマフロッグ」の使い方とフックサイズを解説!水中動画あり

     バス釣り用ルアー, 動画  

「山中慎介 VS アンセルモ・モレノ」が決まりましたね!ちょっと興奮しちゃったものです。こんばんは。

今回はカリフォルニアロールに続く、2015年ゲーリーヤマモト新作ワームとなる「YAMAFROG(ヤマフロッグ)」を、水中アクション&解説動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

ゲーリーヤマモト「ヤマフロッグ」

ゲーリー「ヤマフロッグ」の使い方とフックサイズを解説!水中動画あり_001
ゲーリーヤマモト発のバジングフロッグとなる「ヤマフロッグ 3.75インチ」

ヤマフロッグは最も多用されるであろうノーシンカーリグで使ってもワームが回転してしまわないように、若干幅広で扁平なボディデザインを採用しています。

そしてそのボディに取り付けられた2つのテールは、真ん中辺りの厚みを意図的に薄く作っており、アクションレスポンスを高めると共にバイト時には折れ曲がることでフッキングを助ける効果が期待できます。

ヤマフロッグは水面を2つのテールでバシャバシャと水飛沫と音を立てながら引いてきたり、ガーグリングのように水面直下を引いてきたり、トレブルフックが付いたルアーでは引くことができないような水生生物が覆うカバーなどを悠々と攻略することができます。

しかし、ヤマフロッグは浮力が高くないためリトリーブを止めてしまうとフックサイズによっては沈んでしまうそうです。

とはいえ、ヤマフロッグの活躍の場は水面だけでなく、ジグヘッドリグやテキサスリグなどのシンカーと共に使用することで水中での活躍も期待できます。

それではヤマフロッグの水中でのアクションを動画で確認してみましょう!

ヤマフロッグの水中アクション&使い方等の解説動画


ゲーリージャパン総帥の河辺裕和プロによるヤマフロッグの水中アクション解説動画です。


こちらは再び登場の河辺裕和プロによるヤマフロッグの特徴と使い方の解説動画です。

ヤマフロッグの推奨フックサイズ

ノンソルト素材を採用したことで針持ちの良さにも期待できそうなヤマフロッグ。気になる推奨フックサイズは(スゴイフックの)#4/0~#5/0

ヤマフロッグの腹側にはハートテールほどではありませんが、大きめのスリットが入っているため、ワイドゲイプではないスゴイフックでも十分フッキングが可能とのことです。

ヤマフロッグのカラー

ヤマフロッグのファーストカラーラインナップは5色。ゲーリーヤマモト製のワームとしては非常に少ないカラーラインナップとなっています。

ゲーリー「ヤマフロッグ」の使い方とフックサイズを解説!水中動画あり_002
グリパン/レモンラミネート
ライムフィーバーラミネート
ブラックチェリーラミネート
グリーンパンプキンブラックフレーク/ホワイトラミネート
ナイトフロッグラミネート

5色とも背中側と腹側で異なる2トーンカラーになっているようです。

個人的にはグリーンパンプキンブラックフレーク/ホワイトラミネートが好みです。

ヤマフロッグのスペック

製品名
ヤマフロッグ
全長
3.75インチ
入数
5
価格
1140円

ヤマフロッグは絶賛発売中です!

皆さんもヤマフロッグでエキサイティングな夏を送ってはいかがでしょうか?

ゲーリーヤマモト ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます