タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ハピソン×34 チェストライト「インティレイ」がステキ!充電池の使用は?

     ツール・アクセサリー, 動画  

ハピソン×34 チェストライト「インティレイ」がステキ!充電池の使用は?

ナイトゲームに行くなら絶対に忘れてはならないアイテムの1つが「ライト」です。ライトがなければルアー交換や釣った魚からフックを外すこともままならず、ポイントによってはそこへ辿り着くことすらできません。

今回はそんなナイトゲームに必須のライト――Hapyson(ハピソン)×34(サーティーフォー)のコラボによって実現した期待のチェストライト「INTIRAY(インティレイ)」を、その性能がわかるインプレ動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

ハピソン×34 チェストライト「インティレイ」

ハピソン×34コラボ第2弾アイテムとなるチェストライト「インティレイ」。ルアーマンの多くが愛用しているであろうヘッドライトとは異なる、首に掛けて使うために開発された専用ライトです。

そのため、インティレイはヘッドライトを首に掛け、ネックライトとして使用したときの不満点が改善されたライトとなっています。

チェストライト「インティレイ」は安定感抜群!

ヘッドライトをネックライトとして使用したとき、不便だなと感じるのは、固定されていない故の不安定さではないでしょうか?

テトラポッドや磯場など足場の不安定な場所を歩くときに足場を安定して照らせなかったり、前傾姿勢になったときなどにヘッドライトが揺れたり、位置が変わってしまって照らしたいところを上手く照らせなかったり。

しかし、首に掛けて使うために開発されたチェストライト「インティレイ」ならばそんなことはありません。

インティレイは2つに分けた電池ボックスと重心を考えた設計によって、足場の悪いところを歩いていても、前傾姿勢になろうとも胸元にぴったりと固定されたままの状態を維持することができるため、常に安定して照らすことができます。

また、ライト部がヘッドライトと同じように可動するため、照らしたいところを狙って照らすことが可能です。

更に単3型電池4本を使用し、約200gという軽くない重さながら、ヘッドライトをネックライトとして使用したときよりも重さを感じないのだとか。

600ルーメンまで明るさ調整が可能!

チェストライト「インティレイ」には2つの白色ハイパワーLEDと2つの赤色高輝度LEDが採用されています。そしてライト上部にはそれらの明るさを調整するためのボタンが3つ搭載されています。

ハピソン×34「インティレイ」集光弱
右のボタンを1回押すと右のLEDが集光 弱(50ルーメン)で点灯。
 

ハピソン×34「インティレイ」集光強
右のボタンを2回押すと右のLEDが集光 強(200ルーメン)で点灯。
 

ハピソン×34「インティレイ」赤色
左のボタンを1回押すと赤色高輝度LEDが点灯。

左のボタンを2回押すと左のLEDが散光 強(200ルーメン)で点灯。
 

ハピソン×34「インティレイ」ダブル
真ん中のボタンを1回押すと左右のLEDがダブルで強点灯(400ルーメン)。
 

ハピソン×34「インティレイ」ブーストモード
真ん中のボタンを長押しするとブースト機能が働き、600ルーメンで点灯。ただし、ブースト機能が使えるのは20秒間だけ。

手元を照らしたいときや広く遠くまで照らしたいときなど、状況に合わせて点灯モードを選ぶことが可能です。

それでは家邊克己さんによる解説動画を確認してみましょう!

34代表 家邊克己によるインティレイのインプレ動画


ハピソンとインティレイを共同開発した34の代表 家邊克己さんによるインプレ動画です。
 


こちらの動画は実際の明るさを確認することができます。興味のある方はぜひご覧ください。

ハピソン×34「インティレイ」に充電池は使える?

私のような貧乏性な人間にとって、充電池が使用できるかどうかはライト選びの大きなポイントとなります。

では、ハピソン×34のチェストライト「インティレイ」は充電池が使用できるのか?

答えは「Yes」です!

ハピソン×34のチェストライト「インティレイ」には充電池を使用することができます!

ただし!

充電池を使用する場合は、同じメーカーの同じタイプ(容量)の同じ状態のものをセットで使用すること!また、充電が0になるまで使用しないこと!などを守る必要があります。

なので、充電池を使いたい場合は、付属の説明書をきちんと読んで用法を守って使ってください。使い方を間違えるとインティレイの、充電池の寿命を短くしてしまいかねません。

不安な方は普通にアルカリ乾電池を使用するのが無難でしょう。

インティレイのスペック

製品名 インティレイ
明るさ 集光 強:200ルーメン
集光 弱:50ルーメン
散光:200ルーメン
ダブル:400ルーメン
ブースト:600ルーメン
使用光源 白色ハイパワーLED×2 / 赤色高輝度LED×2
使用電池 単3形電池×4(充電池も使用方法を厳守すれば可)
電池寿命(アルカリ) 強点灯:連続約2.5時間
弱点灯:連続約15時間
赤点等:連続約48時間
ダブル:連続約1時間
エマージェンシー機能:連続約48時間
マーカー機能:連続約2000時間
本体サイズ 幅173×高さ50×奥行87mm
質量 約200g(電池あり)
カラー ブラック
価格 オープン

インティレイの実売価格は7,000円~ほどとジェントスのヘッドライトに比べると少々お高め。ゼクサスのプロフェッショナルモデルにラインナップされているヘッドライトと遜色ない価格。

ヘッドライトを首から提げて使用している方は、この専用ライトとなるインティレイを検討してみてはいかがでしょうか?

34/サーティーフォー ハピソン シーバス フラットフィッシュ エギング アジング・メバリング ロックフィッシュ チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます