タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

OSP「ハイカットDR F(フローティング)」でバス連発!使い方を実釣解説

     バス釣り用ルアー  

OSP「ハイカットDR F(フローティング)」でバス連発!使い方を実釣解説_001

今年もはや11月。秋も1段と深まり、日によっては冬の足音がすぐそこに迫っているような寒さを感じる日もあります。風邪など引かぬよう防寒対策、体調に気をつけながら、晩秋の釣りを楽しみましょう!こんにちは。

今回はこれからの時期――秋~冬にかけて活躍してくれること間違いなしなOSPのシャッドプラグ「HighCut DR F(ハイカットDR-F)」を、使い方やSPモデルとの使い分けを実釣を交えながら解説してくれる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

OSP「ハイカットDR F(フローティング)」

osp_highcut_drf_003
OSPの人気シャッドプラグ「ハイカット」のディープランナーにして、フローティングモデルとなるのが「ハイカットDR F」です。

サイズは全長60mmとオリジナルハイカットFと同等ながら、少し長くなったリップによって、最大潜行深度は3.7mと、オリジナルを大きく超える深さまで潜らせることが可能です(最大潜行深度はラインの太さによって異なる)。

アクションはハイカット譲りのバスに見切られにくいタイトなナチュラルアクションを継承。OSPが誇るハニカムスーパーHPボディの採用と低重心化されていることによって、立ち上がりが良く、スローリトリーブでもしっかりとアクションし、高速リトリーブでも破綻しない安定したアクションを実現しています。

また、ハイカットDR Fはフローティングタイプであるため、根掛かりにも強く、何かにコンタクトした際に浮かせて躱す、(縦ストラクチャーに沿って)浮かせて誘う、ロッドでゆっくりとさびいてストラクチャーをタイトに攻める、といったことが可能です。

OSP「ハイカットDR F」も飛距離抜群

固定重心だったオリジナルハイカットに対して、ハイカットDR Fは2つの小さなウエイトボールを搭載した「マグネット式重心移動システム」を採用。

キャスト時には2つのウエイトボールがマグネットから外れ、ボディ後方へと移動することで、後方重心になり、飛行姿勢が安定すると共に抜群を飛距離を稼ぎます。

そして、着水後はウエイトボールが再びマグネットによって固定され、固定重心のような安定したアクションとレスポンスを実現。

なので、ハイカットDR Fはスピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでも大きなストレスなく扱えるシャッドプラグになっています。

OSP「ハイカットDR F」はフックサイズを変えることでサスペンドタイプに!

OSP「ハイカットDR F(フローティング)」でバス連発!使い方を実釣解説_002
標準では「トレブルフックの#10」が装備されているフローティングタイプの「ハイカットDR F」。

このフックを1番手大きなサイズ(#8)に変更するだけで、サスペンドタイプにすることができるそうです。なので、冬場や春先のように”止めて見せて喰わせたい”なんてときには、サスペンドチューン?するのも良いかもしれません。

ただし、フックの番手を上げてしまうと根掛かりのリスクが増え、フックの存在感が増してしまうことも。

それでは、ハイカットDR Fの特徴や使い方を解説してくれる実釣動画を見てみましょう。

OSP「ハイカットDR F」で霞ヶ浦水系のブラックバスを攻略!使い方・使い分けを実釣解説


”OSPの小島よしお”を目指しているというOSPプロスタッフ”ハシタク”こと橋本卓哉さんによる「ハイカットDR F」の実釣解説動画です。

動画ではハイカットDR Fの特徴や使い方、サスペンドモデルとの使い分けも解説されていますので、使い方がよくわからないという方、購入を検討している方は参考にされてはいかがでしょうか?

ハイカットDR F用のタックル

ハイカットDR Fを使用し、バスボードが密集しているポイントでさえ、一人勝ちのようにバスを連発していた橋本卓哉さんが使用していたタックルがこちら。

ロッド スティーズ 06ブリッツ 651MLRB(ダイワ)
リール SSエア 6.3L(SLPシャッドチューン)(ダイワ)
ライン スティーズフロロ Type-フィネス 10lb(ダイワ)

オカッパリの場合はフロロカーボンライン12lbをセレクトするのも良いそうです。

ハイカットDR Fのカラー

ハイカットDR Fのファーストカラーラインナップは選べる13色。

  • 黒金オレンジベリー
  • シャンパンゴールドブラック
  • チャートブルーバック
  • チャートテールタイガー
  • ダズラーベイビーギル
  • セクシーシャッド Ver.2
  • クリア公魚
  • T.N.サイトスペシャル
  • ピンクレディー
  • GFスポーンレッド
  • 潤うワカサギ
  • HFワカサギ
  • リアルワカサギ Ver.2

個人的にはシャンパンゴールドブラック、T.N.サイトスペシャルあたりが欲しいですね。

ちなみに橋本卓哉さんが霞ヶ浦水系のバスを連発し、「これは俺も一軍だな」という発言を引き出したカラーは”潤うワカサギ”

ハイカットDR Fのスペック

製品名 ハイカットDR F
全長 60mm
自重 5.4g
タイプ フローティング
最大潜行深度 3.7m
フック トレブルフック #10
価格 1,600円

2016年10月に発売になったばかりのOSP「ハイカットDR F」で、秋のバス釣りを、冬のバス釣りを楽しんではいかがでしょうか?

O.S.P ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます