タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ハイピッチャーMAXのウエイト別使い分け・使い方を解説!

     バス釣り用ルアー, 動画  

ハイピッチャーMAXのウエイト別使い分け・使い方を解説!
コンパクトなサイズにたくさんのこだわりが詰まったスピナーベイト――OSP「High Pitcher(ハイピッチャー)」。数あるスピナーベイトの中でも定番の1つとして定着しているスピナーベイトであり、OSPを代表するルアーの1つでもあります。

そんなハイピッチャーのサイズアップモデルとして昨年秋に発売となり、今年全ラインナップが揃った?スピナーベイトが「High Pitcher MAX(ハイピッチャーMAX)」です。

今回はそのハイピッチャーMAXのオカッパリにおけるウエイト別の使い分け・使い方を実釣解説してくれる動画を紹介します!

スポンサーリンク

OSP「ハイピッチャーMAX」

ハイピッチャーのサイズアップモデル――使う場所を選ばないレギュラーサイズのスピナーベイトとして登場となった「ハイピッチャーMAX」

ハイピッチャーMAXは、1/4ozだろうが3/8ozだろうが1/2ozだろうが、共通のワイヤー・ブレード・フックを採用していたハイピッチャーとは異なり、ウエイトごとに最適なワイヤー(アーム)の太さ、ブレードの大きさを採用したスピナーベイトです。

ウエイトは3/8oz、1/2oz、5/8oz、3/4ozの4つに、ダブルウィロー、タンデムウィローの2つのブレードタイプがラインナップされています。

それではハイピッチャーMAXのウエイト別の使い分け・使い方を動画で確認してみましょう!

ハイピッチャーMAXのウエイト別使い分け・使い方


ハイピッチャーMAXのオカッパリにおけるウエイト別の使い分け・使い方を解説してくれるのは、四国を代表するアングラーの1人であるOSPプロスタッフの浦川正則さんです。

デッドスローに巻いてもしっかりとブレードが回ることはもちろん、手元に明確なバイブレーションを伝えてくれるハイピッチャーMAX。

3/8ozは浦川さんにとってスローロール専用機という位置づけとなるウエイト。水面直下から2mくらいまでをスローに巻いて狙うときに使うのだとか。

1/2ozは素早く探っていきたいときに使うウエイト。シャローレンジから4mレンジまでを狙うときに使うそうです。

また動画ではトレーナーについてやスピナーベイトを使うときに重要となるラインコントロールについても解説されています。スピナーベイトが苦手という人は動画を確認してみてはいかがでしょうか?

巻きものの秋と言われる時期。ハイピッチャーMAXをタイミング良く使えれば、浦川さんのように連発するかもしれませんよ?

スペック

製品名 ハイピッチャーMAX
ウエイト 3/8oz、1/2oz、5/8oz、3/4oz
価格 1,200円

O.S.P ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます