タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ヒラクランクギル Sビルはこう使え!デジ巻きなど使い方を実釣解説!

     バス釣り用ルアー, 動画  

ヒラクランクギル Sビルはこう使え!デジ巻きなど使い方を実釣解説!_002

今回はノリーズから2015年新発売のジョイントベイト「HIRA CRANK GILL S BILL 110SS(ヒラクランクギル Sビル110SS)」を、特徴や使い方を実釣解説してくれる動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

ノリーズ「ヒラクランクギル Sビル110SS」

ヒラクランクギル Sビルはこう使え!デジ巻きなど使い方を実釣解説!_001
昨年発売となった新形状かつ新素材――エクストリーマーフォーム――を採用したヒラクランク「ヒラクランクギル110F」の派生モデルとなる「ヒラクランクギル Sビル110SS」

ヒラクランクギル110Fとはどこが違うのか?

フローティングタイプだった110Fに対し、ヒラクランクギル Sビル110SSはスローシンキングタイプになっています。

ヒラクランクギル Sビルはこう使え!デジ巻きなど使い方を実釣解説!_003
そして最大の特徴である”Sビル”と呼ばれる小さなリップが新採用されていることです。

このSビルの採用によってヒラクランクギル Sビル110SSは、110Fとは異なるスラロームアクションを手に入れたのです。

しかし、ヒラクランクギル Sビル110SSの売り、オススメの使い方はスラロームアクションではないようです。

それではヒラクランクギル Sビル110SSの水中でのアクションと使い方を動画で確認してみましょう!

ヒラクランクギル Sビル110SSの特徴や使い方を動画で解説!


ヒラクランクギル Sビル110SSの特徴やオススメの使い方を実釣を交えながら解説してくれるのは、ノリーズプロスタッフであり、琵琶湖ガイドとしても活躍する”琵琶湖の若獅子”こと諸富真二さんです。

ヒラクランクギル Sビル110SSのアクションと「これが琵琶湖の若獅子だ!」って釣りをぜひ動画でご確認ください。

ヒラクランクギル Sビル110SSのオススメの使い方

諸富真二さんがただ巻き以上にオススメするヒラクランクギル Sビル110SSの使い方は、トゥイッチやリーリングによる左右への180度以上ターンするようなアクションです。

移動距離を抑えたクイッ、クイッと首を振るようなアクションによって、ネチネチと誘うことを可能にし、より多くの水をかき回すことを可能にします。

トゥイッチとリーリングの使い分けとしては、近いところを狙うの場合にはトゥイッチ、遠いところを狙う場合にはリーリング。共に大事なのはラインスラックを意識することです。

ピンピンにラインを張ったままだとアクションが小さくなりますし、移動距離も大きくなってしまうから。

ヒラクランクギル Sビル110SSのカラー

ヒラクランクギル Sビル110SSのファーストカラーラインナップ8色。

ボーンギル
フラッシュギル
グリーンギル
ブラックスケールギル
バタフライギル
チャートリュースギル
アユギル
アカガエル

110Fとは1色だけ異なるカラーが採用されています。それがアカガエルです。その代わり110SSには110Fにあるヒメギルカラーがありません。

ヒラクランクギル Sビル110SSのスペック

製品名
ヒラクランクギル Sビル110SS
全長
110mm
自重
30g class
価格
4,600円

皆さんもヒラクランクギル Sビル110SSで「これが○○の若獅子」って感じのビッグバスを狙ってみてはいかがでしょうか?

ノリーズ/NORIES ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます