タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

アイマ「ロケットベイト95」は初心者でも使いやすいジグミノー!?

ダンジョン飯が面白かったので一気に全巻買ってしまったものです!こんにちは。まー2巻までしか出ていないんですが(笑)

今回はima(アイマ)から2015年秋に新発売となる期待のジグミノー「Rocket Bait95(ロケットベイト95)」を、水中アクションが確認できる動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

ima「ロケットベイト95」はリップ付きジグミノー?

アイマ「ロケットベイト95」は初心者でも使いやすいジグミノー!?
ジグミノーにリップを付けちゃいましたなルアー「ロケットベイト95」

その特徴的なリップは普通のリップ付きルアーのように、鼻の下、唇のあたりに付いているのではなく、顔全体を覆うように取り付けられています。それはアニメのキャラクターが壁にぶつかった後やぶん殴られた後のような大げさなワイドリップです。

ロケットベイト95はこの大きなリップでしっかりと水を掴むことで従来のジグミノーとは異なるアクション・使用感を実現しています。

リップが生むローリングアクション

ジグミノーはものによってはスローリトリーブではほとんど泳がなかったりします。

アイマ「ロケットベイト95」は初心者でも使いやすいジグミノー!?_001
しかし、ロケットベイト95は大きなリップを搭載したことによって、着水して巻き始めた瞬間から水を掴み、キラッキラッとフラッシングの強烈なローリングアクションを魅せてくれます。

またリップによってスローに巻いてもしっかりとアクションします。そして従来のジグミノーよりも浮き上がりやすいため、シャローをスローに引いてくることが可能です。

ただ、リップを付けたため、従来のジグミノーよりも引き抵抗が強くなっているのではないかと思います。しかし、それによって手元にルアーの動きが伝わることで、ルアーがどうなっているかわからない、という状況になりにくいかもしれません。

初心者でも使いやすいルアー、かもしれませんね。

後方重心による抜群の飛距離

大きなリップを採用したことで従来のジグミノーに比べると飛距離が落ちそうなロケットベイト95。

しかし、ロケットベイト95はボディ後方にボディの半分にもなろうかという固定ウエイトを採用しており、後方重心になることで安定した飛行姿勢とロケットの名前に恥じないぶっ飛び性能を備えているのです。

ただその分、スイミング姿勢は尻下がりになっています。

それでは実際にロケットベイト95が、水中でどのように泳いでいるのか。動画で確認してみましょう!

ロケットベイト95のアクションと使い方を知ろう!


動画では今年からimaのスタッフとして活躍している辺見哲也さんが、水中アクションを交えながら、ロケットベイト95とはどんなルアーなのか?使い方や使いどころを解説してくれます。

興味のある方はぜひそのアクションをご覧ください。

ロケットベイト95のカラー

ロケットベイト95のファーストカラーラインナップは10色。

レッドヘッド
レッドヘッドパール
チャートバックパール
クリアークラウン
コットンキャンディー
玉彩
イワシ
マコイワシ
ボラ
ジョーカー

個人的にはチャートバックパール、イワシあたりが好みですね。

ロケットベイト95のスペック

製品名
ロケットベイト95
全長
95mm
自重
22g
タイプ
シンキング
レンジ
5-100cm
価格
1,800円

発売は2015年10月25日を予定しています。

アイマが提案する新しいタイプのルアー「ロケットベイト95」。シーバスはもちろん、青物にも使えるというこのルアーで、シーバス・青物を攻略してはいかがでしょうか?

アイマ/ima シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます