タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ギルロイド(イマカツ)の三原巻きって何?価格・重さ・入荷日まとめ

     バス釣り用ルアー, 動画  

イマカツ発売日情報

deps「ブルシューター」の発売によって人気に火が付いたブルーギル型ビッグベイト。様々なメーカーが趣向を凝らしたブルーギル型ルアーを投入してきている昨今。

満を持してイマカツからも発売となります!

今回はそのイマカツからリリースとなるブルーギル型ビッグベイト「Gillroid(ギルロイド ブーツテール)」の使い方やスペック(価格・重さ)、発売日を紹介します!

スポンサーリンク

イマカツ「ギルロイド ブーツテール」

ギルロイド(イマカツ)の三原巻きって何?価格・重さ・入荷日まとめ
イマカツ発のブルーギルをイミテートしたビッグベイト「ギルロイド」

今回発売となるギルロイドは”ブーツテール”と呼ばれるブーツのような形状をした肉厚でボディとの接続部が長いテールが特徴的なルアーです。

ハドルテールとは異なるこのブーツテールの覚醒によって、ギルロイドはリトリーブでも喰わせることができるし、ここぞというところでのダートアクションでも喰わせることができるルアーとなったようです。

ギルロイドはスローに巻けばハドルテールを持つルアーのようにボディを大きく動かすことなく、(ブーツ)テールだけをブルンブルンとしっかりとアクションさせます(たぶん)。

リトリーブスピードを上げればボディがS字を描くように動き始めます。それはまるでフィッシュイーターに追われる被食者のように。

そしてファストリトリーブからストップをかけると惰性でゆら~ゆら~と大きくゆったりとアクションします。この動きも有効なアクションなんだとか。

ギルロイドはただ巻き、緩急をつけたただ巻き、ただ巻きからのジャーク、ジャークなどなどなど、様々な使い方で楽しませてくれそうなルアーです。

それではギルロイドのアクションと使い方を動画で確認してみましょう!

ギルロイドの三原巻きとは?使い方を実釣解説


ギルロイドの使い方(三原巻き)を披露してくれるのは三原直之プロ。今江克隆プロ曰く100年に1人の逸材と豪語する馬淵利治プロに負けない才能を秘めているという若手プロです。

動画ではギルロイドで……。

ギルロイドのカラー

ギルロイド ブーツテールのファーストカラーラインナップは5色。

メスギル
フラッシュ琵琶湖ギル
フラッシュリザーバーギル
テラピア
ピラニアナッテリー

どの色もイマカツ自慢の3Dリアリズム塗装が施されており、非常にリアルなカラーとなっています。

ギルロイドのスペック&発売日は?

製品名
ギルロイド
全長
157mm
自重
2.6oz class
価格
5,800円

発売は2015年8月6日となるようです。地域やショップによってはそれ以降になるところもあるかもしれません。

入荷数はかなり少ないというわけではないようですが、初出荷ですから即完売してしまうのではないかと思います。

またギルロイドの他、SG+バスロイドやアンクルゴビートライデントなどの新しめのルアーに加えて、久しぶりにワドルバッツやビッグバッツなどが再入荷となるようです。

更にジンクスミニ スーパーブレードにチューンナップシェルを加えたものも発売となります。

狙っているルアーがある方は明日、明後日あたりは要チェックですね!

イマカツ/IMAKATSU ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます