タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

アライブチャターHG(ハードギル)は雄だった?HGに隠された可能性

     バス釣り用ルアー  

ラバーグリップの取り付けに失敗し、EVAグリップがテッカテカになったものです。こんばんは。

今回はフィッシングショー2015で注目を集めていたイマカツのNEWルアー「アライブチャターHG」を含めた2015年4月発売の新製品情報を紹介します。

スポンサーリンク

2015年4月発売のイマカツ新製品は――

アライブチャターHG

アライブチャターHG(ハードギル)は雄だった?HGに隠された意味
今月唯一の新製品となるのが「アライブチャター ハードギル」です。アライブチャターHGは、ブルーギル型ルアーにイマカツが得意とするチャターブレードを搭載したルアーです。

アライブチャターHGのボディはブルーギルライクな丸みを帯びた体高と厚みのある、幅のあるボディに背びれが付いたデザインになっています。この厚みのあるボディのおかげでボトムでしっかりと立つそうです。

アクションはチャターブレードが搭載されているため、手元にブルブルという明確なバイブレーションを伝えるものの、アライブチャターHG本体自体は手元に感じる振動ほど動かないようです。しかしソフトな素材で作られている背びれはよく動くんだとか。

フックにはアライブチャターにも採用された特許がなんとかかんとか言っていたような言ってなかったような、あのラバーが巻いてあるフックが採用されています。

ボトム付近で使用する場合はフロントをダブルフックに変えるなり、トレブルフックの針先を1つ曲げるなりした方が根掛かり対策になるかもしれません。

まー使い手を選びそうな万人受けしなさそうなルアーかなと思います。

アライブチャターHGのカラーと名前

アライブチャターHGのHGはハードギル(Hard Gill?)のことなんですが、どうしても間違えてしまって困っています。HGのHがハードなせいでアライブチャターハード○イと間違えてしまうんです……。

どうすりゃいいんだ……と三日三晩悩んでいたんですが、ふと気づいてしまったんです。

もしかしたらその呼び方も正しいんじゃないか?という可能性に。実はHGはハードギルとハード○イのダブルミーニングだったんだ!ナンダッテー!?という可能性に。

つまりこのアライブチャターHGはオスのブルーギルなんです。オスが好きなオスのブルーギルなんです!BLってやつですよ。オスのブルーギル同士の同性愛を題材にしたジャンルBL(ブルーギルラブ)。

全て謎は解けたってことで安心して眠ることができると思いきや、アライブチャターHGのファーストカラーラインナップを見てしまったんです。

アライブチャターHGのカラーラインナップは

オスギル
メスギル
フラッシュオスギル
フラッシュメスギル

の4色展開。アライブチャターHGにはオスだけじゃなく、メスのアライブチャターHGもいたわけです。

でもちょっと待って欲しい!

ブルーギルのオスの中にはメスに擬態するタイプがいるそうなんです。つまりメスギル、フラッシュメスギルというカラーネームだったとしてもオスが擬態しているだけの可能性があるんです。やっぱりHGには2つの意味が隠されていt……わけないですよね。

どうも疲れているみたい……。

霞インサイドボーラー&KDギルボーンミニ 3インチ他

先月発売になったばかりのNEWクランクベイト「霞インサイドボーラー」やギルボーンのダウンサイズモデル「KDギルボーンミニ 3インチ」、「SG+アンドロイド180 シェルラミネートカラー」などが再入荷となるようです。

他にもセクシーアンクル各サイズなどが久しぶりに入荷予定です。

既に早いところでは発売になっているみたいですから狙っている方は要チェックですね!

イマカツ/IMAKATSU ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます