タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

issei海太郎「ネコスピン(ルアー)」は根こそぎ釣るスピンテールジグ!

issei海太郎「ネコスピン(ルアー)」は根こそぎ釣るスピンテールジグ!

今年もはや4月になっているというのに、メバルがあまり好調ではありません。新規開拓もあまり上手くいっていないし、早く癒やされたいものです。こんばんは。

今回はissei(一誠)のソルトウォーターブランドissei海太郎から、2016年新発売となるメッキやカマス、メバル、ガシラ等をターゲットにしたスピンテールジグ「ネコスピン」を紹介します。

スポンサーリンク

イッセイ海太郎「ネコスピン(ルアー)」

近年、ブラックバスだけでなく、アジやメバルをターゲットにしたライトゲームを楽しむ姿が、メディアを通じて多く見られるようになってきた村上晴彦さん。

そんな村上晴彦さんがメッキやカマス、メバル、ガシラなどを釣るために開発したスピンテールジグが「ネコスピン」です。サイズは全長は不明ですが、自重は5.5gと小粒。

ルアーネームの由来は「根こそぎ釣るスピンテールジグ」なんだそうです。根こそぎ釣るから”ネコリグ”と同じですね(笑)

ブレードではなく、ボディをブルブルと震わせるネコスピン

スピンテールジグというと小粒でプリッとしたボディに、ブレードが付いている形状のものが一般的。

しかし、ネコスピンのボディは小粒は小粒ですが、プリッとしたボディではなく、issei(一誠)ブランドから発売中のメタルバイブレーション「GCザリメタル」を彷彿とさせるような薄いボディ形状を採用しています。

またブレードもボディを揺らすほどのバイブレーションを生まないものがセレクトされています。

ネコスピンは、このメタルバイブレーションのようなボディと拘りのブレードのセッティングによって、ブレードがボディをバイブレーションさせるのではなく、ボディ自体がブルブルとバイブレーションし、ブレードがグルグルと回転するようなスピンテールジグとなっています。

ネコスピンのラインアイとブレードの使い分け

ネコスピンは従来のスピンテールジグとは異なる、メタルバイブライクなボディを採用しているからこその特徴を持ったルアーになっています。

それが異なるアクションを演出することができる3つのラインアイです。

一番前のラインアイにスナップを取り付ければ、最も水平に近いスイミング姿勢で、タイトなアクションを演出することができ、最も浮き上がりにくいアイとなります(たぶん)。早巻きで使いたいときはこのアイをセレクトすると良いでしょう。

真ん中のラインアイは先ほどのアイよりも前傾のスイミング姿勢で、ブルブルとボディを震わせ(ウォブリングさせ)、強くアピールしてくれます。

一番後ろのアイは、最も前傾のスイミング姿勢で、アングラーが予測することができないようなパニックアクションを演出することができるそうです。

またブレードも前後を変更することができ、前後で異なるバイブレーションを生みます。

フィールドやその日の状況に応じて使うラインアイの位置、ブレードを調整してやると良い釣果に繋がるのではないでしょうか。あえてブレードを外したり、異なるブレードを付けたりしても面白いかもしれません。

ネコスピンの特徴と使い方を解説


村上晴彦さんがネコスピンの特徴などを解説してくれる動画です。

ネコスピンのカラー

ネコスピンのファーストカラーラインナップは9色。

ギローバック
レインボー
ブルーバック
ゴールドブルーバック
ブルーピンク
半メッキ
グローゼブラ
アカキン
ゴールドチャート

個人的には半メッキ、ブルーピンク、ゴールドチャートあたりが好みです。もしもブラックバスでの使用も考えるなら、アカキンも欲しいですね。

スペック・発売日

製品名 ネコスピン
全長 不明
自重 5.5g
価格 1,100円

ネコスピン 5.5gの発売日は2016年4月頃を予定しているようです。

ネコスピンを手に入れた際には、メッキ、カマス、メバル、カサゴを狙ったライトゲームを楽しんではいかがでしょうか?他にもチヌ・キビレゲームやブラックバス用に使っても良い釣果を上げてくれるかもしれません。

issei/一誠 issei海太郎 アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます