タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

根魚玉(ねうおだま)でハタ系ロックフィッシュ攻略!特徴と使い方を解説

     ロックフィッシュ用ルアー  

根魚玉(ねうおだま)でハタ系ロックフィッシュ攻略!特徴と使い方を解説_001

今回は村上晴彦さんがルアーデザイナーを務めるメーカー「issei(一誠)」のソルト用ブランド「issei海太郎」から、2016年新発売となるジョイントジグヘッド「根魚玉(ねうおだま)」を、特徴や使い方がわかる実釣解説動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

issei海太郎「根魚玉(ねうおだま)」

根魚玉(ねうおだま)でハタ系ロックフィッシュ攻略!特徴と使い方を解説_002
鯛カブラから構想を得て?、(ハード)ロックフィッシュを攻略するために開発されたジグヘッド「根魚玉(ねうおだま)」。村上晴彦さん曰く「根掛かりが極限まで減らせるジグヘッド」です。

そんな根魚玉の大きな特徴は、シンカー部とフックがスプリットリングによって繋がれているジョイントタイプのジグヘッドである点です。

根魚玉はジョイント式を採用することによってフックの可動域が広がり、シンカーとフックが一体となったジグヘッドよりもワームがフレキシブルにアクション。

フックは簡単に交換することができ、フックの性能が落ちたときや使いたいワームのサイズに合わせて最適なフック・フックサイズをセレクトすることが可能です。

根魚玉のシンカー

シンカーがボトムを叩く音には集魚効果があり、そのボトムコンタクト音がきっちりと出せるジグヘッドになっているという「根魚玉」

シンカー部は底面がフラット形状になっており、ボトムでコロコロと転がってしまうことを抑制し、着底姿勢を安定させ、標準装備されているオフセットフックと共に根掛かりを減らす効果に寄与。

また、前面もフラット形状になっていて、フラット面で水流を受け、変化させると共に、操作感と引き抵抗を生んでいるようです。

なので、ズル引きやボトムパンピングはもちろん、リフト&フォール、スイミング、何でもこいなジグヘッドです。

根魚玉はマルチオフセットフック採用!

根魚玉に標準装備されているフックには、村上晴彦さんがプロデュースしたフック「カルティバ マルチオフセット」が採用されています。

カルティバ「マルチオフセット」はワームとの一体感を高め、ワームがズレにくい形状を採用したオフセットフック。そして、フック表面にはMF(マジックフッ素)コーティングを施されており、非常に高い貫通性能を持つフックになっています。

また、ラインアイも少し大きなものにすることで、特殊な溶接リングではなく、通常のスプリットリングでもフックが自由に動くようになっているようです。

それでは、根魚玉とissei海太郎の各種ワームでハタ系ロックフィッシュを攻略する動画を見てみましょう。

根魚玉+キャラメルシャッド・ジャコバグ・うまはたグラブでハタ系ロックフィッシュを攻略!特徴・使い方を実釣解説


根魚玉やissei海太郎の各種ワーム「キャラメルシャッド」、「ジャコバグ」、「うまはたグラブ」の特徴や使い方、使い分けを、村上晴彦さん自身が実釣を交えながら解説してくれる動画です。

興味のある方はぜひご覧ください。

根魚玉の発売日・スペック

製品名 根魚玉(ねうおだま)
ウエイト(フックサイズ) 5g(#2) / 10g(#2) / 10g(#1) / 14g(#1) / 14g(#2/0) / 21g(#2/0)
入数 2
価格 500~640円

issei根魚玉の発売日は2016年11月中旬頃を予定しているようです。

村上晴彦さんが提案する新しいジグヘッド「根魚玉」で、(ハード)ロックフィッシュゲームはもちろん、チニングなども楽しんではいかがでしょうか?

issei/一誠 issei海太郎 ロックフィッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます