タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

issei海太郎・碧がきたー!一誠初のロッドでメバル・アジを攻略だ!

近年、ブラックバスだけでなく、ソルトウォーター界隈での活躍も著しい村上晴彦さん。以前、そんな村上晴彦さんが新しいライトゲーム用ロッドを作っているかも、というお話を記事(村上晴彦×バレーヒル「ライトゲーム用ロッド」開発スタート?)にしたのですが……。

2016年、いよいよissei海太郎×バレーヒル?のロッド「碧(一誠 海太郎・碧?)70ULS-H/70ULS-R」が発売になりそうなので紹介します!

スポンサーリンク

issei海太郎×バレーヒル?「碧(一誠 海太郎・碧)」

最終サンプルが到着。大阪ショーにて展示予定です…(^_^)

Posted by 藤井 伸二 on 2016年1月9日

 
issei(一誠)ブランド初のロッドとなる「碧(一誠 海太郎・碧)」。昔から村上晴彦さんがプライベートでも釣りを楽しんでいるアジやメバル、メッキなどをターゲットにしたライトゲーム用ロッドとなります。

手掛けるのはもちろん、issei(一誠)のルアーデザイナーを務める村上晴彦さんとバレーヒルのロッドプランナーである藤井伸二さんのコンビです。

そして、今回のロッドは正々堂々と村上晴彦プロデュースを名乗ることができる待望のロッドです!

数年前に村上晴彦さんプロデュースのライトゲーム用ロッド――「月匠・碧」――がリリースされたときは、常吉騒動があったからなのか、表向きは村上晴彦さんとは関係のないロッドという扱いでしたからね。

なので、新しい「碧(あおい)」を手に入れた皆さんは、堂々と村上晴彦さんが作ったロッドなんだよ!と吹聴してくださいね(笑)

碧「70ULS-H / 70ULS-R」

新しい碧のラインナップはネコメタルなどが操りやすい張りのある「70ULS-H」と軽いジグヘッドの操作に長けた柔らかい「70ULS-R」の2機種。

ブランクスに「issei」、「海太郎」、「碧」、「HARUHIKO MURAKAMI」の文字が踊ります。

グリップ周りは、月匠・碧がストレートタイプのEVA&コルクグリップだったのに対し、新しい碧はセパレートタイプのEVA&コルクグリップ仕様になっているようです。碧色というよりは紺碧……青いカラーパーツが光りますね。

スペック・発売日

製品名 一誠 海太郎・碧
全長 7’0″
継数 2
仕舞寸法 cm
自重 不明
ルアー 不明
ライン 不明
価格 不明

月匠・碧は1万円台後半と比較的買いやすい価格のロッドでしたが、新しい碧はどうでしょうか?isseiブランドの名前が入りますから、そこそこの価格は覚悟しなくてはならないかもしれませんね。

お披露目はフィッシングショー大阪2016のバレーヒルブースとなるようです。早く手に取ってみたい、振ってみたいという方はフィッシングショーに足を運ばれてはいかがでしょうか?

issei/一誠 issei海太郎 アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます