タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ジャッカル「ダウズビドー90SP」の使い方を解説(春)

     バス釣り用ルアー, 動画  

昨年秋に発売されたダウザー俺達。こと秦拓馬プロプロデュースジャッカル「DOWZVIDO 90SP(ダウズビドー 90SP)」。そんなダウズビドーの早春の使い方を秦拓馬プロが解説する動画が公開となっています。

スポンサーリンク

ダウズビドー

全長90mm、自重10.7gと大きくなく小さくもないサイズのダウズビドー。タイトなハイピッチローリングアクションでファストリトリーブでもスローリトリーブでもしっかりと動いてくれるロングビルミノーです。3連重心移動システムでリップの長さを苦にしない遠投性能を誇ります。フックにはがまかつのトレブルRB-M #7を標準装備。

ダウズビドーの使い方

三寒四温で水温が安定せず、バスの活性も高いとは言い切れない時期、ダウズビドーの使い方はゆっくり巻いて止める――ストップ&ゴーやただ巻き。動かすときは動かす、止めるときはしっかりと止めてやるというメリハリが大事になります。ポーズ中はロッドを下げた位置で止めてやること。ロッド(ティップ)を上げた状態だとラインの重みでルアーが引っ張られて不自然に動いてしまいます。また何かにコンタクトしてときも止めてやると良いそうです。

詳しくは動画をご覧ください。

スペック

製品名
DOWZVIDO 90SP
全長
90mm
自重
10.7g
タイプ
サスペンド
価格
1,785円(税込み)

ジャッカル/Jackall 秦拓馬 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます