タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

キジハタグラブの使い方・特徴を折本隆由が解説&実釣(動画)

  • キジハタグラブの使い方・特徴を折本隆由が解説&実釣(動画)

エコギアから2014年秋に発売となったばかりの高級魚キジハタ(アコウ)をターゲットとしたワーム「KIJIHATA GRUB 4″/4.5″(キジハタグラブ 4インチ/4.5インチ)」

今回はそのキジハタグラブの特徴や使い方を”Rock’n Fish”でお馴染みのノリーズプロスタッフ折本隆由さんが丁寧に解説、そして実釣する動画を紹介です。

スポンサーリンク

キジハタグラブ解説&実釣動画

    前編

  • 前編ではキジハタグラブの特徴とテキサスリグでの使い方を解説。

    テキサスリグ

    テキサスリグではまず18g前後のシンカーからスタートするという折本さん。4インチにはオフセットフックの#1/0、4.5インチには#2/0を使用。

    スナッグレス性能の高いテキサスリグはボトムのズル引き、ボトムバンプ、中層のスイミングと様々な誘い方で使用可能です。

    後編

  • 後編はジグヘッドリグでの使い方を解説。

    ジグヘッドリグ

    ジグヘッドリグは14gからスタート。フックが剥き出しのジグヘッドリグはフッキング率が高いものの、使用するポイントを考えなければ根掛かり率も高くなってしまいます。そのため、基本的には中層のスイミングで使用するようです。

キジハタグラブのスペック

製品名
キジハタグラブ
全長
4インチ/4.5インチ
入数
8
価格
650円

エコギア/ECOGEAR ロックフィッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます