タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

エギングは満潮と干潮どちらが釣れる?児島玲子が実釣解説(動画)

     エギング, 動画  

エギングは満潮と干潮どちらが釣れる?児島玲子が実釣解説(動画)_002

今回は「エギングは満潮と干潮はどちらが釣れるのか?」などのエギングに対する疑問について、女性アングラーのパイオニアであり、トップランナーである児島玲子さんが実釣を交えながら解説してくれる動画を紹介します。

スポンサーリンク

エギングは満潮と干潮どちらが釣れる?児島玲子が実釣解説(動画)

動画前編

動画後編

満潮と干潮のどちらがいいのか?

潮が動くとベイトフィッシュの活性が上がり、そのベイトフィッシュを狙うフィッシュイーター達の活性も上がります。ではエギングにおいて満潮と干潮どちらがいいのでしょうか?

答えは……「場所による」です。

例えば、動画でも児島玲子さんが解説されていましたが、アオリイカが好むと言われるウィードエリア。しかし、干潮時には水面とウィードトップの距離が0に近くなってしまう場所だと潮位が高いタイミングでなければ釣りになりません。逆に干潮時でなければ釣りにならない場所もあるでしょう。

私がよく行く場所では満潮から干潮への下げのタイミングがよく釣れます。逆に干潮から満潮への上げのタイミングではあまり釣れません。

なので自分が通う場所の特性を理解することが大事になります。

皆さんもこの動画を参考にエギングを楽しんではいかがでしょうか?

児島玲子 ダイワ/DAIWA エギング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます