タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

リトルマックスTGマッスル新登場!使い方や特徴を関和学が動画で解説

     バス釣り用ルアー, 動画  

リトルマックスTGマッスル フィッシングショー2016

冬の定番メタルバイブレーションの定番エバーグリーン「LITTLEMAX(リトルマックス)」。この時期ボックスに入っているという人も多いのではないでしょうか。

2015年2016年、そのリトルマックスの派生モデルとして樹脂タングステンを採用したコンパクト&ヘビーな「リトルマックスTGマッスル」が新発売となります。

今回は「リトルマックスTGマッスル」の特徴や使い方を関和学プロが解説する動画してくれる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

リトルマックスTGマッスル

リトルマックスTGマッスル新登場!使い方や特徴を関和学が動画で解説
関和学プロの強い要望によって生まれたNEWメタルバイブレーション「リトルマックスTGマッスル」。かつて、釣りビジョン「本気でオカッパリ」やBasser誌で連載中の「オカッパリで行こう!」に”マッスルマックス”の名で登場していたこともある、あのメタルバイブレーションです。

リトルマックスTGマッスルは2015年のフィッシングショーにも出展されており、関和学プロの口からも「もうちょっとで発売すると思う」と言われていたのですが、1年の時を経て2016年に発売となりました。

それでは満を持しての発売となったリトルマックスTGマッスルとはどのようなルアーなのか?見ていきましょう。

リトルマックスよりもコンパクトかつヘビーウエイト

  • リトルマックスTGマッスル新登場!使い方や特徴を関和学が動画で解説

ぱっと見、リトルマックスと同じように見えるリトルマックスTGマッスル。しかし、ウエイト部にタングステンを採用かつ肉厚にすることによって、同じウエイトでありながらリトルマックスよりも一回り小さいコンパクトなサイズとなっています。

サイズ

リトルマックスTGマッスル 3/8ozの全長は45mm。これは同ウエイトのリトルマックスよりも小さく、ワンサイズ小さな1/4ozと同じサイズとなります。リトルマックスTGマッスル 1/2ozの場合は全長50mmで、リトルマックス 3/8ozと同じサイズです。

リトルマックスTGマッスル3/8oz = リトルマックス1/4oz
リトルマックスTGマッスル1/2oz = リトルマックス3/8oz

スピードある使い方

リトルマックスTGマッスルはコンパクトなボディにウエイトを詰め込んだことによって、ストーンと垂直にフォールさせることができるようになっています。

これによって狙った場所を直撃することができるようになり、リフト時にはラインで水を大きく切ることなく、これまでのリトルマックスよりもスピーディーに攻める、リアクションバイトを誘発することができるルアーです。

ただ、リトルマックスTGマッスルを使って狙ったポイントにストーンとスピーディーに落としてやった方がいいことがあれば、リトルマックスのイレギュラーなフォールが効くこともあると思います。なので、2つのメタルバイブを使い分けることで良い釣果に繋がるのではないでしょうか。

関和学プロによるリトルマックスTGマッスルの特徴と使い方動画

カラー

リトルマックスTGマッスルのファーストからラインナップは10色。

キンクロ
ブルーバックチャート
ベイビーギル
クロームシャッド
コットンキャンディ
ブラックナイト
クラウン
歩とグラムワカサギ
シークレットギル
ザ・銀
ビッグバイトチャート

個人的にはキンクロ、ビッグバイトチャートあたりが欲しいですね。

スペック

製品名 リトルマックスTGマッスル
自重 3/8oz , 1/2oz
全長 45mm / 50mm
フック フロント・リア共に#6
価格 1,300円 / 1,400円

まずは3/8ozと1/2ozからの発売となります。

発売は……動画で関和プロがもうすぐ発売なると思うと言っているので、もうすぐだと思われます。本気でオカッパリでも、もうゴーサインを出していると確か言っていたような気がしますし。

<追記>
絶賛発売中です!

まもなく暦の上では春が来ようとしていますが、まだまだメタルバイブレーションが活躍してくれる時期。この新しいリトルマックスTGマッスルで関和学プロのようにバス釣りを楽しんではいかがでしょうか?

リトルマックスTGマッスルはエコタックル認定商品なので、エコタックル限定のトーナメントでも使用可能です。

エバーグリーン/EVERGREEN ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます